一般社団法人ひきこもりUX会議 オフィシャルブログ

一般社団法人ひきこもりUX会議とは・・・当事者目線で「新しい生き方」を提案していくことをコンセプトに活動する、ひきこもり経験者グループです。

カテゴリ:過去イベント > 2016 ひきこもり女子会

まだ少数ではありますが、各地で「生きづらさを抱えた女性向けの女子会」が始まっています。ひきこもりUX会議が主催または協力しているものもありますが、それ以外の独自の会もあります。生きづらさを抱える女性たちが、できるだけ近い場所での参加もできるよう、お知らせします。

▼詳細はコチラから▼

続きを読む

image

11月8日(火)に第4回の「ひきこもり女子会」を開催しました。当日のレポートと、会終了後に行ったフィードバック会の議事録を公開します。

続きを読む

image

11月15日より販売開始されている「ビックイシュー VOL.299」に、ひきこもりUX会議・林恭子のインタビューが掲載されています。先月開催した「ひきこもり女子会in京都」の様子などもレポートされていますので、ぜひお手にとってみてください。
ビックイシューの購入方法に関してはこちらをご確認ください。

※紙面上では「京都でも12ヵ月に1回のペースで開く予定」と記載されていますが、「2ヵ月に1回」の誤りです。次回の京都での開催は12月5日(月)。次々回は2017年2月の予定です。

「ひきこもり女子会」が回を重ねるごとに参加者が増えていることが『不登校新聞』に掲載されました。「第2回こころのはな ひきこもり女子会in京都」についても紹介されています。

なお紙版『不登校新聞』では表記に誤りもありましたが、下記WEB版では訂正されています。

UX 女子会

4回目となる「ひきこもり女子会」が明日となりました。
ご参加いただくにあたり、改めてご確認いただきたいことがあります。
>>イベントの詳細はこちらから

この会は、ひきこもりや生きづらさを抱える当事者・経験者の為の会です。親御さんや支援者の立場の方でも、当事者・経験者であればご参加いただけますが、その場合はあくまで“当事者”としての参加とし、親や支援者としての立場での発言はお控えください。

第一部のみ当事者・経験者ではない方にもご参加いただけます。また、「個人が特定できるようなエピソードや写真の使用は不可」という条件で、第一部にのみ新聞の取材が入る予定です。 第二部は当事者会となりますので、取材/親・支援者としての立場でご参加の方にはご退出をお願いします。受付にて当事者か、取材/親・支援者としての立場での参加か確認させていただきますので、予めご了承ください。

「ひきこもり女子会」は、生きづらさを抱える当事者の為の当事者同士の出会いの場です。心地よい空間づくりに、ご協力お願いします。

image

本日(11/2)の読売新聞にひきこもりUX会議・林恭子のインタビューが掲載されました。

11面の「論点スペシャル『ひきこもりを経験して』」に、同じくひきこもり経験者のお笑い芸人の髭男爵・山田ルイ53世さんと、精神科医・斎藤環さんのインタビューと共に掲載されています。

京都女子会12月ビラ
京都・宇治にあるNPO法人「こころのはな」さんとひきこもりUX会議が共同で開催する「こころのはな ひきこもり女子会in京都」。
第2回目は12月5日(月)14:00~16:00に行います。

▼会についての詳細は下記をご覧ください▼

続きを読む

10月21日のThe Japan Times にひきこもり女子会の記事が掲載されました。
英文ですが、ぜひご覧ください。

「Support groups emerge to help female recluses」

◆次回ひきこもり女子会の詳細はコチラ
 ↓
11/8 ひきこもり女子会

↑このページのトップヘ