ブログネタ
フランス人の「1日3時間労働」どう思う? に参加中!
「過労死するほど仕事があって、自殺するほど仕事がない」
この言葉面白いですね。
フランスのタイヤ工場の労働者が
1日7時間労働時間の内、3時間はおしゃべりで1時間はお休み。
という事は、労働時間は3時間だけと言う事ですね。

すごい!(笑)
労働時間がやたら少ないというイメージがあるのは、スペインでしたが
フランスも少しそういうイメージがあるんですね。
当然、ものすごい働き者も沢山いるんでしょうけど。

アメリカ人に批判されても「これがフランスだ!」と反発するなんて面白いですね。

さて、最初に書きましたが「過労死するほど仕事があって、自殺するほど仕事がない」

とはいえ、日本の自殺数は世界有数ですよね。

話によると、日本での自殺は朝方が一番多いそうです。
いわゆる通勤時間ですね。
この時間帯は、これから働かなきゃ…。という事以上に
満員電車もそれに関係していると思います。
私は神奈川に住んでいるのですが、朝方の電車のピークはとてつもなくですよ。.
そりゃ毎日の事と慣れば、自殺もしたくなりますよ!
誰もが押し込んで、喧嘩になったり、相手の腕が思いっきりぶつかったりなど
ここらへん大きな課題だと思うのですが、
改善策は中々ないのでしょうかね?

関東に人口と仕事が密集しすぎてるというのもあるのでしょうけど…。