感想文を提出いたします。(別館

観たり聴いたり行ったりしたものの感想をだらだらと。。。

いまさらだけど「カメラを止めるな!」観てきたよ。

  • September 11, 2018
20180911_04


はいっ最高っ!

って、それ以上書ける事ないよね。


今日は感想というか駄話。


最近、腰が重くてなかなか映画館に足が向かないんす。

直近だと観たのは「ミッション:インポッシブル フォールアウト」かな。
バリバリエンタテインしてくれてあれも面白かったです。


さておき。


これだけ話題になっているのに完全に乗り遅れたんで
もうCS放送まで観なくてもいいかな。と思っていたんですが
今日は出掛ける用事があったのでチケット情報を観てみたら余裕で取れた。
一時期は前日でも入手出来ないフィーバーぶりでしたが
さすがに時間も経ったので落ち着いてきた感じでしょう。

でもいざ開演してみたらかなり埋まってましたけど。


もちろんネタバレなど無粋な事はしませんが
事前情報は少なければ少ないほど楽しめる作品ですので
これから観る方はココでお別れです。


観て損をする事は無いと思いますので是非!
-----




ホントに良く出来た作品なのですが
この作品の真価を感じる為には事前情報の少なさ勝負という所があります。

話題になり始めた頃に監督が出演されてたラジオを聴いてしまって…。
…まぁ聴くなという話もありますが…

その番組で「ある舞台からインスパイアされて〜」とお話になっていましたが
(のちに話題になったアレ)
それとは別に監督が影響を受けた人(監督)とその作品をあげたんですよ。


ボク的には


アチャ〜


といった感じで劇場に向かう気持ちが少し薄れてしまった。

そこで上げた監督は三谷幸喜さんで、作品としては「ラジオの時間」。
その流れでこの映画のタイトル「カメラを止めるな!」から連想するのは
東京サンシャインボーイズ「The Show Must Go On」(幕を下ろすな!)。


あぁん。知りたくなかったぜ。


「The Show Must Go On」がどんな内容かと言うと
「舞台袖」が舞台上に作られているお話で
トンチンカンなアクシデントが次々に起こる中で
幕を下ろさず舞台を最後までやり遂げるため奮闘する裏方さんのお話。


なので「カメラを止めるな!」というタイトルという事は…。

といった感じで最初から構造がわかって観てしまったので
1幕から2幕への展開に驚けなかったのが残念で仕方がない。

まぁまぁ、でもその事を差し引いても余りある魅力の詰まった作品です。

ホントに面白かった。


で、後に話題になってしまった「インスパイアされたある舞台」。

自らネタバレに突っ込む事はしたくなかったので
今日まで関連記事を読んでいませんでした。


で、読んでみたんですが、まぁアレですね。
ちょっと行き違いがあったといった感じなんでしょうね。

監督自身は各所で「舞台から着想を得た」と話していますし
舞台側で関わっている人も複数人いるようなんで
ちょっとのズレが重なっている所に
映画の大ヒットでさらに大きなズレになっちゃったのかな。と。


ただ映画は映画ならではの作りになっていたものの
ネットで見た舞台の構造から考えると舞台を作った側が
原作としてクレジットして欲しいという気持ちもわかる。

というか舞台『GHOST IN THE BOX!』すごく観てみたい。
  • Posted by uzazo
  • Comment(0)
  • twitterでつぶやく 22:22 | Edit

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018)
MAMMA MIA! HERE WE GO AGAIN

20180805_01

2018.07.26.
19:00 @ユナイテッドシネマとしまえん 試写会
uzazo評価:★☆☆☆☆



そういえば、ちょっと前になりますが
ヨメ氏が試写会応募して当たったというので行ってきました。

ワタクシ前作を観ておりませんで事前知識としては
ABBAの曲を使用したミュージカルである事以外は何も知らずに視聴。

その前提での感想ですのでご了承ください。

本作は完全に前作ファンのため「だけ」の作品。
一見さんお断り作品でした。

「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」は
前作の振り返りなどは全く描かれず物語がスタート。
内容・設定を知っている事を前提でどんどん話が進んでいきます。

その事は構わないんです。
ただ初見の状態では本作に描かれている事しか知りようが無い。
物語の大前提の情報提示となる台詞が全く無いので
意味不明な場面や誤解が生じた状態で見進める事になります。

本作で示される情報のみで物語の大前提が理解出来るのは中盤になってから。

本作を見るのはほとんどが前作のファンだと思いますが
大前提の設定を知らずに見ると前半に描かれている
コメディ的展開が非常に不愉快に感じてしまうんです。

中盤になって「あぁなるほど。そういう事か」とわかっても
前半部分に感じていた不快感は払拭できないので
作品としての評価は当然下がってしまいます。

「前作を知らずに見たお前が悪い」と言われてしまえばそれまでですが
前作の振り返りとして入れなくても台詞の組み立てとかで
物語の前半で設定が理解できる工夫はできるハズ。

作り手側の姿勢が「一見さんお断り」として作っている以上
一見さん(ワタクシ)が楽しめないのは仕方ないですね。


という事で、突然興味がわいて観てみよう。と思い立った人がいたなら
絶対に前作を観てから劇場に行くことにしましょう。


ここまで書いて来た通りボクは楽しめなかったのでその前提ではありますが
ミュージカル映画としてどうであるか考えても正直微妙だと思います。

ABBAのファンはいいと思うんですよ。
物語の展開に合わせて好きな楽曲が聴けるんですから。

ボク自身はABBAを嫌いではありませんがファンではありませんので
どうしたって「ABBAの楽曲しばりミュージカル」に見えてしまう。

しばりの中でよく当てはめたなぁというだけで
縛りの無い状態で作られる他のミュージカル映画と比べたら
物語と楽曲のマッチングもダンスシーンの絵作りも
決して良い作品とは言えないと思います。

ABBAの楽曲が好きで、前作を観ている。という
二つの条件をクリアした人だけが楽しめる映画という感じでした。
  • Posted by uzazo
  • Comment(0)
  • twitterでつぶやく 06:19 | Edit

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

SOLO: A STAR WARS STORY

20180716_01

2018.07.16.
10:00 @ユナイテッドシネマとしまえん IMAX 3D
uzazo評価:★★★☆☆


チョコチョコとイロイロ見ているんですが感想を書く気になれず…。
先週観た作品の感想を覚え書き程度に。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 観てきました。

本国では今後のスピンオフスケジュールが見直される程に
大ゴケしたと聞いていたのでそれなりに覚悟して劇場に。
EP8も普通に面白かったと思っているボクの感想なんでアレですが
普通に面白かったです。

SW直撃世代であるとか、後追いでも熱烈なファンの人は
神格化している部分があると思うのでいろんな想いもあるんでしょうが
及第点というか怒るような内容では無いと思うんですよね。

ただ一つ思っているのは EP8 にしても今回のハン・ソロにしても、
もっと言えばプリクエルも作れば作るほどSWの世界は閉じていく宿命にあるんですよね。
本作でいえばハン・ソロとチューイ、ランドetc…の出会いの物語が
「正史」として確定してしまった訳で想像の余地が無くなってしまった。

プリクエルがそうであったように気に入らなければ
なき物としてしまえばいいわけだけれど
ディズニー傘下で量産され続ける事が決まったSWシリーズは
新作が発表される度に「正史」に埋め尽くされていく事になるわけです。

まぁボクぐらいの者は新作が出れば楽しみにしているし
仮に不出来な作品に出くわしても「つまらなかった」で済むんですが

熱烈なファンにとってSW作品増え続ける事は幸せな事なのかな?

そんな事を思いました。

ボクは EP9 楽しみにしています。

  • Posted by uzazo
  • Comment(0)
  • twitterでつぶやく 03:49 | Edit

原作・山田玲司/作画・バナーイ CICADA(シカーダ)についてもう一度書かせてくれいっ!

  • July 14, 2018
  • book
0000_2

シカーダの第4巻が 7月12日 に発売されました。

単行本で追いかけている者としては待ちに待った第4巻。
5月31日の時点で予約しておいたんですよ。amazonで。

発売日の7月12日 に [発送のお知らせ] のメールが来まして。



7月14日(土)お届け。



7月14日(土)お届けっ。



チクショーっ! amazonの野郎っ!

ヨドバシで頼んだ時は発売日の午前中に届いてたのに konozama です。
なぜヨドバシで頼まなかったのか…あたしって、ほんとバカ。
ネタバレにブチあたらないようにネット上でも引き籠る。

届かないのは仕方ないので手元にある1〜3巻を繰り返し読む事に。
(12日に合わせて既に読み返していたんだけどね)


Anyway


最近めっきり更新回数の減っているこのブログ。
マンガの事は滅多に書かないのですが3巻の発売時にシカーダについて書きました。

【 シカーダを激しく推す理由 】

要約すると

できるだけ長く読みたいから売れて貰わないと困る。

という内容です。

こんな過疎ブログで紹介したって影響が無いのは分かっているんですが
もし誰か一人でも興味を持ってくれたら、それはとっても嬉しいなって。

ただ第三巻の巻末、次巻告知に「第一部、完結。」って書いてあったんです。
でも、ワタクシ、この時点では4巻の巻末に

2019年○月、第二部始動。

とか、告知があると思ってたんですよ。

しかしですっ、
3巻発売直後に放送されたヤンサン…

第二部、未定っぽい会話!

玲司先生が最終回を連呼しておる。。。



そんなこんなで 最後になる可能性があるなら

CICADAについてもう一度書かせてくれいっ!

って事で、

4巻を待ちつつ シカーダ(1巻)をネタバレ上等
個人的妄想込みの感想を書いて行きます。







150年後のマンガが禁止された世界で
マンガ焚書官である主人公レムは一冊の漫画と一人の少女に出会う。

冒頭、物語の結末を思わせるイントロダクションから時間は1年前に遡り物語が始まる。

まずビックリしたのが地下で取引されているマンガとして登場するのは「うる星やつら 2巻」
0001

シカーダという物語に登場するマンガはボクらが知っている
実在の作品が時を経て読まれているという設定。
これには非常に驚かされました。

そして更に驚かされるのがこの「うる星やつら 2巻」の不法所持者は

それに主人公の「あたる」って奴は、
バカでスケベでなんの取り柄もないのに……
どんなに女に拒まれても…
絶対に折れないんだ…
しかもヒロインは、そんなクズみたいな男をずっと好きでいるんだ…


と涙を流しながら語ります。

「うる星やつら」をそういう風にとらえるかっ!
確かに上記の説明に間違えはないですよね。
コメディ作品の構造を別の側面から見て抽出する事で
新しい価値が付加されるこのシーンには驚かされました。

主人公レムは焚書官としてこの「うる星やつら 2巻」を焚してしまいます。
(最終兵器彼女 や Bバージンも…)

主人公レムは自身の事を「クズみたいな男」と思っていて
「あたる」と自身を重ねるものの自分にはずっと好きでいてくれる相手はいない。
かわいがっていたネコもいなくなり死にそうなほど寂しい状況。

彼は次の現場で目にした「うる星やつら 1巻」を持ち帰ってしまいます。

さてはて、レムが読んだ「うる星やつら 1巻」。
ぶっちゃけワタクシアニメしか見たことが無かったので
マンガで読んだ事がありませんで…というか
どんな始まりだったのか覚えていなかったんです。(みんな覚えてるのかな?)

で、「うる星やつら」の始まりを読んでみました。

第一話がどんな話かというと「かけめぐる青春」というタイトルで
地球侵略にやってきたインベーダーが適当に選んだ地球人と
地球を賭けて鬼ごっこで勝負をするというお話。
苦戦する あたる を 奮起させるため しのぶ が「勝てたら結婚してあげる」と約束し
あたる は「結婚」を連呼しながら ラムちゃん を追いかけた事で誤解が生じる。

シカーダでは主人公レムが読んでいるシーンに「うる星やつら」のコマが
インサートされているのですがそこで気になったのが
「レムはどの辺りを読んでいるのか?」
「実際の「うる星やつら」にそのコマは存在するのか?」

探してみたら実際にあるコマが引用されインサートがされていました。
0002

見比べてみるとちゃんと「うる星やつら」のキャラでありながら
バナーイ先生の独自のタッチが加えられているのがわかって楽しいです。

で、気がついたのが引用されているコマは全て
うる星やつら の「第1話」に登場するコマなんですね。

考えてみれば レム は始めから読んでいるので当然なのですが
ボクは見比べてみることで初めて気がつきました。

ただ一つ例外がありました。
それは上の画像の次のページ
0003

このコマだけは うる星やつら の「第3話」に登場するコマ。

うる星やつら の第1話を読み返してみると
ラムちゃん から あたる に抱きついている
大コマが無いので絵的な説得力を考えて
このコマだけ第3話から引用している可能性はあります。

ただ非常に興味深いのは うる星やつら の第2話は、なんと
ラムちゃんが一切出てこない全く別の話なんですよ!(みんな知ってた!?)

主人公レムの状況・気持ちを考えてみると
ラムちゃん が全く登場しない第2話を経て
第3話中盤でやっと ラムちゃん が再登場する展開は
ボクが思う以上の長い時間に感じただろうし
再会した ラムちゃん はちゃんと好きでいてくれている。

そう考えるとコマ下の

ずっと……


という言葉と レムの涙 の説得力が増して
より一層グッときちゃいます。

シカーダ第1話の最後で出会った少女は「うる星やつら」を目にし
「だっちゃ?」という言葉を発してシカーダ第1話は幕を閉じます。

レム にとっての ラム との出会いになるわけですが
シカーダ第2話の冒頭が 追いかけっこ になる展開も
「うる星やつら」の第一話の鬼ごっこと重なって見えてきます。


出会った少女 ロルカ は「うる星やつら」の代わりに
「ベルばら」を読ませてくれるという。
ロルカの持っている「ベルばら」は

7巻 美しき愛のちかいの巻
8巻 神にめされて…の巻


「ベルばら」の内容については ロルカちゃん が
「(アンドレは)オスカルのために死ぬの…」と
ネタバ玲司ism 全開で教えてくれます。(笑

ここでの「ベルばら」インサートももちろん実際にあるコマからの引用。
0004


オスカルの方は7巻で肖像画を書いて貰っている時の大ゴマなんですが
ボクが非常に気になったのはアンドレの方です。

このアンドレの紹介の方は8巻にあるコマの引用になってます。
つまりロルカは「ベルばら」の内容を説明している最中に
7巻と8巻を持ち替えている事になります。

「ベルばら」ですから主要キャラクターの魅力的な表情の大ゴマは沢山ありますし
ネタバレを強調するのであればアンドレ絶命シーンも8巻にあります。

しかしここで引用されているアンドレのコマは
引用元になっている「ベルばら 8巻」では割りと小さいコマなんですね。
しかも「ベルばら」側の擬音「ピク…」という部分込みで描かれているので
ものスゴク意図的にこのコマを選んでいるのではないか、と思ったんです。

このコマがある引用元のページには何が書かれているのか。

武装した市民であふれたパリへの出動を命じられたオスカル。
アンドレのついていく、オスカルのつれていかない のやりとりの果て

アンドレは「つれていけ つれていけ 地獄の果てに おれは おまえの影だ」と言い
オスカルは「わたしが臆病者にならぬよう しっかりと そばに ついていてくれ」と。
つまり互いの本音があらわになり「一緒にいたい」という想いが重なるシーンなんです。

「アンドレになりたい派」ロルカ は オスカル のために死をも覚悟して
「…とおい目をしている…」アンドレ が描かれているこのページを
選んで開き レム に見せている。彼女のお気に入りシーン。

そして「アンドレ と オスカル」「ロルカ と レム」の関係性の暗示に。

そんな意味が込められているのではないかな?と思いました。


この時点でレムが読んでいるのは ベルばら 8巻 までですが
ベルばら 8巻のヒキになる バスティーユへの砲撃開始を受けるように
シカーダの展開も一巻のクライマックスシーケンスに突入。

レム は「ベルばら」全巻を求めて軍の施設に侵入
ついにシカーダ登場でその能力と秘密が明らかになります。

漫画を…現実にする能力…
0006

プルートウっ!

流石に驚きました。

ヤンサンで「漫画で戦う漫画」と言っていましたが
こういう形だったとは思いませんでした。


「ほぼレディ・プレイヤー1」… 否
レディ・プレイヤー1 が 「ほぼシカーダ」。
全力疾走しすぎて常に時代の先を行きすぎている
山田玲司についに時代が追いついてきた。(笑


で、そのシカーダの秘密を知って
ワタクシ一巻最初のイントロダクション(一年後)部分を見返す。

クッソーっ!ロルカの小指“ちゃんと”光ってるやんけっ!


そして

リクロっ!えぇ… リクロ…

レム は命からがら「ベルばら」6巻を手に入れます。
その「ベルばら 6巻」のサブタイトルは

「燃えあがる革命の火の巻」

レム と ロルカ の物語を暗示している気がしてソワソワしてしまいます。
(ちなみにコレ書いている時点で4巻届いていません。。。待っている時間で書いてます。)


レムは「ベルばら 6巻」をロルカにあげるも
ロルカは「一緒に読む」という約束を守るために
もらった「ベルばら 6巻」を読まずに
「のだめカンタービレ 3」を読む事にします。

もちろんワタクシも読み直してみる事にします。

「のだめカンタービレ 3」の何気ない一コマなんですが
テスト勉強をしている時に音楽史の話になり
「フランス革命!のだめ「ベルバラ」大好きー」
という のだめ の台詞があるんです。
(シカーダでは引用されていないコマです)

ホントに何気ない一コマなんですが
ロルカ は「ベルばら」がどんな話か知っている状態で
この「のだめカンタービレ 3」を読んでいる。

「この漫画の主人公(のだめ)も
 ワタシが好きな「ベルばら」を好きなんだ!」


そう思って読んでいる。と考えると感慨深いものがあります。

だって自分の知っている漫画が漫画の中に出てくるんですから…
これって…この感覚って…


シカーダ第一巻の最後のコマは物語的に自然な流れなので
「ベルばら」に重ねるのはいささか強引ではありますが
ロルカの服のたなびき方とかがどことなく重なって見えてしまいます。
0005

「ベルばら」側の「産まれてきてよかった…!!」
シカーダの裏側にあると思うと感動もひとしお。


・・・という様な妄想マックスの シカーダ 第一巻紹介。

妄想しすぎて勝手な意味づけになっている気もしますが(ナンカスミマセン…)
でも、深読み先生 a.k.a. 山田玲司 は怒ったりしないハズ。

ボクの妄想部分はさておき、やはり面白い作品だと思う。
第二部始動のキッカケにもなると思うのでもし興味を持った人がいたら
今からでも是非手にとって読んで欲しいのです。。。



4巻の感想へつづく…。

-----
0007

土曜日の夕方になってやっとこ シカーダ 4巻 来た。

流石にココで4巻の内容に触れるような無粋者ではございません。

「とにかく先を知りたい」という気持ちと戦いながら

1ページ・1コマのスミからスミまで…

ハラハラする展開に手に汗を握り…

熱い展開に胸を躍らせ…

モブで描かれたキャラに笑い…

没入しすぎて何度か声が出てしまいました。

大切に、ジックリと読んでいっても
左手で押さえている本の厚みが、みるみる薄くなっていく。

こんな気持ちは紙の漫画でしか味わえなかっただろうな。

そしてこの物語の結末に描かれている事。

玲司先生の巻末エッセイ。

ボク、信じてます。


そして最後、バナーイ先生の巻末エッセイパート。

バナーイっやってくれるぜ!

マジ最高でした。


--
12日に合わせて1〜3巻を読み直していたものの
amazon からの到着が遅れた事でこの2日間、
何度も何度も読み返して、上の1巻の妄想記事を書いて
完全に没入した状態で4巻を読んだのでオジサン泣いちゃったよ。

だけど、このシカーダ第一部の物語にはアノ件やアノ件、
もっともっと知りたい事があります。
この「漫画を現実にするシカーダ」という設定なら…
素人考えで「こんな展開」「あんな展開」を妄想してました。
(その妄想の一つがパナーイ先生の巻末エッセイと同じだったのでマジ震えた)

きっとそれもこれも実は用意されていて
まだまだ書ける事は沢山あるんだろうな。と。
第一部の続きはもちろん、プリクエルも、サイドストーリーも…


第二部。本気で待ってる…

原作の山田玲司先生、作画のバナーイ先生。
素晴らしい第一部、ありがとうございました



第二部を読む事ができたらその時は
CICADAについてもう一度書かせてくれいっ!


  • Posted by uzazo
  • Comment(2)
  • twitterでつぶやく 18:52 | Edit

焼肉ドラゴン

焼肉ドラゴン(2018)

20180607


2018.06.07.
19:00 @ユナイテッドシネマとしまえん 試写会
uzazo評価:★★☆☆☆


大泉洋ファンのヨメ氏が試写会当たったという事で
「焼肉ドラゴン」一足先に観てきました。

高度経済成長期の大阪で焼肉屋を営む
在日韓国人家族のヒューマンドラマ。

「笑いあり、涙あり」という事で宣伝していますが
試写会会場の雰囲気から想像するに好評なのだと思います。

ボク自身も出演されている俳優さんの熱量ある演技を
存分に楽しみましたので★2評価は低すぎかなぁ。とも思います。


公開前ですしネタバレはしませんが
劇場で鑑賞した後で時間が経ってから思った事を含めて感想を。

ご覧になる予定の方はここでお別れです。



さて、劇場で観た直後と時間が経ってから感想が変わった部分。

この物語に出てくる父親と母親のシーン。
コメディパートでもシリアスパートでも
重要な役がらで好演されていたのですが
物語の端々で感情移入出来ないシーンがいくつもあるんですね。
これは物語の設定から疑問符が付いてしまう部分なんです。

ただ時間が経って考えてみると
この物語の父親・母親って寺内貫太郎一家の小林亜星なんですよね。

これはもしかしたらボクだけが気がついていなかったのかもしれない事で
「情に厚いが癇癪持ちで理不尽」という事をわかって観ていれば
疑問符の「いくつか」は解消されてもっと感情移入して観られた気がします。


あとは些細な揚げ足取りみたいな事なんですがどうしてもノイズになった事。

この作品は元が舞台という事だそうですが
舞台での演出で良かった部分をそのまま映画に持ち込んでいるのでは?
と、思われる部分がいくつかあるんですね。

その一つは笑いの入る所です。
シリアスなシーンの直後にハズシの笑いが入ってくるんです。
これはこの作品の最も良いところではあるのですが
舞台演劇的な演出で映画としてはちょっと演出過多の様に思いました。

ちょっとクドイというか、長いというか…

シリアスなシーンの裏に笑いが起こるのは素晴らしいんですが
全体の流れを切ってしまう感じなので映画としては
もっと抑えめにしてもらった方が良かった気がします。

でも、爆笑できた人は高評価部分だと思うので
これは評価の分かれる部分かな?


あとはサクラの花びらです。
舞台演出としては「降らせ物」ってとっても効果的なんですよね。
無条件に感情が動かされてしまう演出の一つなので。

本作では重要なシーンで韻を踏むようにサクラの花びらが舞います。
想像ですが舞台でも同じ演出があって効果的なシーンだったんだ思います。

この映画では屋根の上に昇っているシーンで
サクラの花びらが降って来るんですが
映画って舞台とは違って画角の外側にもリアルな想像が働いてしまうので

「え?これどこから降ってきているの???」

と不自然さが先に立ってしまう。
画面の中に遠景としてサクラの木が映る所もあるのですが
明らかに目線より下にありますし他のシーンでも
家の周りの風景を観ちゃっていますから…

なんなら家の真ん前にサクラの木が立っている描写を入れて
物語と絡めるなど自然に見せる方法はあったと思うんです。

しかもあろう事かサクラの花びらにピンがきていて
人工物の花びら感がハンパ無いんです。

これはちょっと残念でした。


ラスト。

建物がバタンと倒れるシーンがあります。
コレを舞台でやっていたらさぞ驚く演出だと思いますが
(あったか、なかったか知りませんが…)
バタリと倒れるだけなのでドリフっぽい見え方なんですよね。

そういう意図の演出だったのかもしれませんが
ボクとしては映画なので重機でガガガッと壊された方が良かったです。
本作のラストを観た方ならわかると思いますが構図的にも
その方が驚きが産まれますし無慈悲に見えて切なさを感じると思うんです。


とはいえ、

ボクが「元が舞台劇であった」と知っていた事で
余計な先入観が入りジャマをした部分もあるとは思います。


この感想の冒頭でも書きましたが試写会会場では
笑い声やすすり泣く声も聞こえて来ましたので
決して悪い作品では無いと思います。

とにかく俳優陣の演技は申し分ないので
興味のある方は是非にご自身の目で観てみてください。
  • Posted by uzazo
  • Comment(0)
  • twitterでつぶやく 21:56 | Edit
Profile

uzazo

Search (in blog)
Recent Comment
Sponsored Link
感想文を提出いたします。(別館