感想文を提出いたします。(別館

観たり聴いたり行ったりしたものの感想をだらだらと。。。

浅瀬から見る「憲法」と「地政学」 @モーリー・ロバートソン チャンネル【終】

maxresdefault


公開されているアノ映画やコノ映画を観に行かねば、
撮りためているアノ映画やコノ映画を観ねば、
と思っているのですが現在サゲサゲマインドで
中々外に足が向かずブログ更新停滞中。

なので本日はオススメの番組。

と、言ってもニコ生の番組で
しかももう最終回を迎えてしまった
「モーリー・ロバートソン チャンネル」

TVへの露出も多くなっているのでご存じの方も多いと思いますが
彼がニコニコ動画で持っていた番組で先日最終回を迎えました。
独自の切り口・ゲストで様々なテーマを扱っていた番組で
モリーの聴き手としての知識量とゴキゲンオジサンな感じが
非常に楽しく毎回楽しく見ていました。

8月(だったかな?)過去アーカイブも消えてしまうという事で
個人的に面白かった回を2つほどご紹介。


このエントリーのタイトル「浅瀬から見る〜」からして
腰が引けていますがワタクシ学が無いもので
難しい話題は苦手です。
あくまでも番組を紹介しているだけですので…

過疎ブログだから大丈夫だと思いますが
コメント欄とか炎上しても総スルーの構えです。(笑


番組では時事ネタを扱う事も多いのですが
内容的にはタイムリーな憲法の話。

井上達夫×モーリー
「護憲派と憲法の涙」…リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください



この番組は安保法制が話題になった時に放送されたのですが
憲法について語られているので改憲論議が盛り上がっている
今見ても非常に楽しいと思います。

ゲストは右にも左にも怒りまくる「怒りの法哲学者」井上達夫さん。
とにかく面白いんですが井上先生の言っている内容が
ボクが高校生の頃から思っていた事とピッタリ重なってビックリ。

もちろん学の無いボクが同じレベルで考えているという訳がありせんし
おこがましいですが理屈とスタンスが同じである事がウレシくスッキリ。

もちろん難しい問題でイロイロなスタンスの人がいると思いますが
番組を見ると右・左、改憲派・護憲派、などザックリとした塊ではなく
細分化されているそれぞれの立場とそれぞれの欺瞞が見えてきます。

憲法については今後もズット話題になり続けると思うので
考えの手引き的な内容だと思いますので是非に。




もう一つはタイムリーとは言い難いですがとにかく面白い

高橋洋一×モーリー
「地政学で振り返る2015年の世界NEWS」



この番組のゲストは財務省の幹部に
「高橋は三回殺しても殺し足りない」と言われた
経済学者・数量分析者である高橋洋一さん。

地政学とは地理的な環境が国家に与える
政治的、軍事的、経済的な影響の事ですが
そんな事より何より初対面の2人(高橋さん・モリーさん)が
ぐんぐんドライブしていく対話が面白いです。

典型的な天才、高橋さんに負けない知識量の
聴き手としてのモリーさんの良さが最大減に発揮されていると思います。

前半に出てくる中国に民主主義を広める方法や
中盤の中国の覇権主義を表す「い・た・だ・き」というワード、
終盤のギリシャ危機に対する見解。

とにかく爆笑の連続です。



「新たな場を求めて」という前向きな終了だそうですが
面白い番組だったのに個人的にはザンネン。
過去動画が見られるウチに他の動画も見直してみようと思っています。

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Search (in blog)
Recent Comment
Sponsored Link
感想文を提出いたします。(別館