感想文を提出いたします。(別館

観たり聴いたり行ったりしたものの感想をだらだらと。。。

怒り

怒り(2016)
20171001_01

2017.10.01.
鑑賞状況:やや寝不足
wowow放送 14:00~
uzazo評価:★★★★☆

原作・吉田修一、監督・李相日という『悪人』と同様の組み合わせ。
『悪人』は好きな作品なのでいつか観てみたいと思っていた。

そう思いつつ何度も何度も見る機会はあったのだけれど
サゲサゲマインドで中々気が乗らず先送り。

何気にあわせたwowowで調度放送が始まったので
途中で逃げる気マンマンで視聴開始。

事前情報で「今は気分では無い」と逃げ腰になっていた訳ですが
実際、ズッシリとのしかかってくる重い内容・テーマではあったものの
グイグイと引き込まれて結局最後まで視聴。
素晴らしい作品でございました。


原作小説未読なので映画としての感想。

内容に触れない範疇の感想としては
出演されている俳優さんの素晴らしい演技、
緊張感のある絵づくり、
そしてなによりもミステリーとしての面白さを保ちながら
重厚な群像劇・人間ドラマを描いた見事な作品だったと思います。


ネタバレは避けますが内容に少し触れます。

ある殺人事件の犯人が逃亡している中
3つの場所に現れた素性の知れない3人の男と
その男達に関わった人々を描いた群像劇。

疑念が膨らみ続ける物語の最後に描かれるのは
タイトル通り「怒り」であるのだけれどその怒りの矛先は
「信じた者」と「信じられなかった者」で大きく変わる。

信じられなかった者は自分に怒りの矛先向け
信じた者は裏切られた対象に怒りの矛先を向ける。
向けるべき矛先を失ってしまった怒りは叫びへと変わる。

この物語が秀逸なのは視聴者は登場人物達と同様に
素性の知れない3人の男への疑念を膨らませ
「信じる」という事の難しさを体感し
その意味を深く深く考えさせる部分にある。

この物語は
「信じる事は難しいけれど信じる事が美徳」などという
薄っぺらで甘っちょろい結末を迎える事は無い。

一見すると

「信じられなかった者」の自らに向ける怒り
「信じた者」が裏切られた対象に向けた怒り

の様に見えるこの物語。
しかしちょっと思いを馳せると
決してそう単純な事では無いという事に気がつく。

「信じられなかった者」は自らに怒りを向けるが
「信じてもらえなかった側」は怒ってはいない。

各々状況も結末は違うものの乱暴にザックリと言ってしまえば
信じられなかった事に自らに怒りを向けるほど
その相手と真に向き合った結果であって
向き合ってもらえた相手は決して不幸であった訳ではない。

一方「信じた者」は裏切られた対象に怒りを向けるが
その「信じた事」は対象自身を信じていたのではなく
自身の抱える問題の共有者(共犯者と言ってもいいかな?)として
信じていたのであって実は自己中心的な理由だったりする。

つまり言葉にすると同じ「信じる」でも
その形は多種多様で訪れる結果も全て違う。

そして物語を見終えた後わからない事がいくつか残る。

その最たるものは殺人犯の「怒」は何に向けられていたのか?

しかし物語を見てわからない事は描かれていないのではなく
「わからない」という事が描かれている。

『悪人』と同様一言で片付けられない「何か」
形にしがたい「何か」を人々の関係性の間に
浮かび上がらせる素晴らしい作品でした。

現実にあった事件を想起させる設定である上に
非常に重苦しいテーマを扱った作品で
救いの無い部分も残るのですが
全く救いが無い訳でもなく
絵的な説得力で視聴者をある程度解放してくれる
バランス感覚がスゴイと思いました。

オススメします。

20171001_02

作品情報
原作・吉田修一、監督・李相日という『悪人』のコンビによるミステリアスなドラマ。顔を整形し、社会に紛れ込んだ殺人犯らしき人物と出会った、千葉、東京、沖縄の人々の身に起きる出来事を描き、人を“信じる”とは?という根源的な問いを投げかける。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチら日本映画界を代表する実力派が多数出演する。


映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。
八王子の閑静な住宅地で、惨たらしく殺された夫婦の遺体が見つかる。室内には、被害者の血で書かれたと思われる『怒』の文字が残されていた。犯人逮捕に結びつく有力な情報が得られないまま、事件から1年が経ってしまう。千葉の漁港で働く洋平(渡辺謙)は、家出していた娘・愛子(宮崎あおい)を連れて帰ってくる。愛子は漁港で働き始めた田代という男(松山ケンイチ)と親密になっていき、洋平に彼と一緒に住みたいと告げる。しかしその直前に愛子のために田代に正社員登用を勧めて断られていた洋平の胸の内は複雑だった。二人のアパートの下見の際、田代が前住所を偽っていることが判明。さらに田代という名すら偽名だった。疑念を強める洋平が愛子を問いただすと、彼は借金で追われていると告げられる。そんな中、テレビで整形して逃亡を続ける八王子殺人事件の犯人の似顔絵が公開された。手配書を見つめ、警察に電話をかける愛子。時を同じくして田代は行方をくらます。東京にある大手広告代理店に勤める優馬(妻夫木聡)は、たまたま知り合った直人(綾野剛)と親密になり、住所不定の彼を家に招き入れる。直人は末期ガンを患う優馬の母・貴子(原日出子)や友人とも親しくなっていく。しかし日中の彼の行動がわからない上に、仲間内で空き巣事件が連続していること、見知らぬ女性と一緒にいたことが重なり、ニュースで報じられた事件の犯人の特徴を知った優馬の脳裏に直人の姿が浮かぶ。ふと、冗談めかして殺人犯かと口に出してしまう優馬。後日、直人は優馬の前から姿を消す。母と沖縄に引っ越してきた泉(広瀬すず)は、離島を散策中、一人でサバイバル生活をしている田中(森山未來)と出会う。泉は気兼ねなく話せる田中に心を開いていく。ある日、同い年の辰哉(佐久本宝)と訪れた那覇で事件に遭遇。彼女がショックを受け立ち直れないのも自分のせいだと自責の念にかられる辰哉は、田中に悩みを打ち明ける。自分は味方だとの田中の言葉に救われる辰哉だったが、彼の隠された事実を知り、やりきれない思いが胸中に広がっていく。


作品データ
製作年 2016年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 142分


スタッフ
監督 李相日
製作 市川南
プロデューサー 臼井真之介
原作 吉田修一
脚本 李相日
撮影 笠松則通
衣裳デザイン 小川久美子
音楽 坂本龍一
企画プロデュース 川村元気
音楽プロデューサー 杉田寿宏
プロダクション統括 佐藤毅
共同製作 中村理一郎 、 弓矢政法 、 川村龍夫 、 盒鏡 、 松田陽三 、 吉村治 、 吉川英作 、 水野道訓 、 荒波修 、 井戸義郎
主題曲 坂本龍一 feat. 2CELLOS
美術 都築雄二 、 坂原文子
編集 今井剛
録音 白取貢
スクリプター 杉本友美
サウンドエフェクト 北田雅也
エグゼクティブプロデューサー 山内章弘
キャスティング 田端利江
ヘアメイク 豊川京子
助監督 竹田正明
照明 中村裕樹
ラインプロデューサー 鈴木嘉弘


キャスト
槙洋平 渡辺謙
田中信吾 森山未來
田代哲也 松山ケンイチ
大西直人 綾野剛
小宮山泉 広瀬すず
知念辰哉 佐久本宝
南條邦久 ピエール瀧
北見壮介 三浦貴大
薫 高畑充希
藤田貴子 原日出子
明日香 池脇千鶴
槙愛子 宮あおい
藤田優馬 妻夫木聡

(c)キネマ旬報社

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
Search (in blog)
Recent Comment
Sponsored Link
感想文を提出いたします。(別館