感想文を提出いたします。(別館

観たり聴いたり行ったりしたものの感想をだらだらと。。。

哭声/コクソン

哭声/コクソン(2016)
곡성(哭聲)

20180301_01

2018.03.01.
wowow録画
uzazo評価:★★★★☆


感想を書こうとしたら今日って1日じゃないんですかっ!
家で録画したてある映画観てる時間があったら
映画館に行けば良かったZE。

『チェイサー』『哀しき獣』のナ・ホンジン監督作。
両作とも大好きなのですが特に『チェイサー』の破壊力は圧巻。オススメ。

という事で『哭声/コクソン』期待マンマンで視聴。


この作品を観た人全員が語るであろう事は
とにかく國村隼さん。

混乱に陥る小さな村に住む「よそ者」。
野性味溢れる(ど直球)演技は圧巻でした。


圧倒的な迫力で描かれる サスペンスもの なんですが
見終わって「あぁなるほどっ!」とスッキリとはしないんですね。

そもそもどんな映画か分からずに見始めたのですが
小さな村で起こる連続猟奇殺人から始まり
パンデミックもののようであり
ゾンビもののようになり
エクソシストのようになり…

最後まで観てみるとなんとっ


なるほど。わからん。


頭のいい人、この映画の概要を
簡単に教えてくれぇいっ。



ちょっと内容(ネタバレ)に触れます。
と、いってもあまりに複雑なので説明するには
話のあらすじごと書かないといけなくなる。
それはあまりに時間がかかるので割愛。
故に観ていない人には全く伝わらないと思います。

これって連続猟奇殺人から物語がスタートするので
どうしたって一つの答えみたいな物を求めて見進めてしまうんですが
実はいくつかの事が同時多発的に起こっているような気がします。

大きく分けると
健康食品に混入されていたキノコと
霊や進行にまつわる出来事。


それでも混乱するのがラストのラストですよね。

祈祷師 vs よそ者 に見える祈祷バトルは実際には
祈祷師 vs 主人公の娘 ・ よそ者 vs 白い女 の
2試合同時中継といった感じのようです。

次の試合の 白い女 vs 祈祷師 は滝ゲロで祈祷師の負け。


ラスト國村隼さん。
どう見たってアレなわけですけど。
映画冒頭に語られる聖書の一節を言います。
キリストの復活時のくだりですが掌に聖痕もありますし
「オレ神っす」という事なんでしょうね。

神父見習いの彼は「主よ」という台詞と言います。
この言葉は目の前にいる國村さんに向けた言葉なのか、
はたまたおぞましい光景に自身の信仰している脳内の神に祈った言葉なのか。


白い女 と 主人公
「鶏が3回鳴くまで決して自宅に戻ってはいけない」
と主人公と止めたのですがコレは何を意味していたのか。
ちょっと整理できていないのですが「最悪」の回避という事なのかな?

自宅には娘・母・祖母がいた訳ですから「3回鳴く」という事は
3回事態が起きるという事ですよね。最後に祈祷師が来ますんで
主人公が彼女の言葉を信じていたら…。

生き残った祈祷師は写真を撮りまくっていますから
國村さんと仲間という事でよいのかと思います。

つまりこの物語では 白い女 の言葉が正しかった。
が、しかし 白い女 は通常の社会に対して
何かの力を発動する事は出来ない。

という事はですよ。
ラストに起こった事、彼女が狙った事は
娘による祈祷師の成敗と主人公が自分の娘を
自ら殺す事を回避させるという事だったのでは。。。

神と名乗る男は明らかにアレで
正しき助言をする者は無力である。

主人公が よそ者 に対して抱く感情は
第三者からの情報と憶測によるもので随分な事をします。
自身の信念に基づいた行動をしますが正しい訳ではない。
しかし彼は物語終盤に自覚的に間違いを犯します。

信じるという事の危うさと難しさを描いているのかな?

支離滅裂ですが初見でボクが思った事はこんな感じです。
もう一度観てみたい所ですが160分もあるんですよ。。。

また時間があったら観てみたいと思いますが


頭のいい人、教えてくれぇいっ。





20180301_02
「哀しき獣」のナ・ホンジン監督のサスペンス・スリラー。平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやって来る。男について謎めいた噂が広がるにつれ、村人が自身の家族を残虐に殺害する事件が多発していく。そしてその殺人犯には共通する特徴があった……。出演は、「朝鮮魔術師」のクァク・ドウォン、「ベテラン」のファン・ジョンミン、「シン・ゴジラ」の國村隼、「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」のチョン・ウヒ。第69回カンヌ国際映画祭コンペ外上映作品。第37回青龍賞にて國村が男優助演賞、人気スター賞を受賞。


映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。
平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者(國村隼)が現れる。彼がいつ、なぜこの村に来たのかを誰も知らなかった。男についての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を惨殺する事件が多発していく。殺人を犯した村人は、必ず濁った眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだった。事件を担当する村の警官ジョング(クァク・ドウォン)は、自分の娘に殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、事態は思わぬ展開に向かっていく……。


作品データ
原題 곡성(哭聲)
製作年 2016年
製作国 韓国
配給 クロックワークス
上映時間 156分


スタッフ
監督 ナ・ホンジン
脚本 ナ・ホンジン
撮影 ホン・ギョンピョ
衣装デザイン チェ・キョンファ
音楽 チャン・ヨンギュ 、 タルパラン
編集 キム・サンミン
美術監督 イ・フギョン


キャスト
クァク・ドウォン
ファン・ジョンミン
國村隼
チョン・ウヒ
キム・ファンヒ


(c)キネマ旬報社

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile

uzazo

Search (in blog)
Recent Comment
Sponsored Link
感想文を提出いたします。(別館