感想文を提出いたします。(別館

観たり聴いたり行ったりしたものの感想をだらだらと。。。

怒り

怒り(2016)
20171001_01

2017.10.01.
鑑賞状況:やや寝不足
wowow放送 14:00~
uzazo評価:★★★★☆

原作・吉田修一、監督・李相日という『悪人』と同様の組み合わせ。
『悪人』は好きな作品なのでいつか観てみたいと思っていた。

そう思いつつ何度も何度も見る機会はあったのだけれど
サゲサゲマインドで中々気が乗らず先送り。

何気にあわせたwowowで調度放送が始まったので
途中で逃げる気マンマンで視聴開始。

事前情報で「今は気分では無い」と逃げ腰になっていた訳ですが
実際、ズッシリとのしかかってくる重い内容・テーマではあったものの
グイグイと引き込まれて結局最後まで視聴。
素晴らしい作品でございました。


原作小説未読なので映画としての感想。

内容に触れない範疇の感想としては
出演されている俳優さんの素晴らしい演技、
緊張感のある絵づくり、
そしてなによりもミステリーとしての面白さを保ちながら
重厚な群像劇・人間ドラマを描いた見事な作品だったと思います。


ネタバレは避けますが内容に少し触れます。

ある殺人事件の犯人が逃亡している中
3つの場所に現れた素性の知れない3人の男と
その男達に関わった人々を描いた群像劇。

疑念が膨らみ続ける物語の最後に描かれるのは
タイトル通り「怒り」であるのだけれどその怒りの矛先は
「信じた者」と「信じられなかった者」で大きく変わる。

信じられなかった者は自分に怒りの矛先向け
信じた者は裏切られた対象に怒りの矛先を向ける。
向けるべき矛先を失ってしまった怒りは叫びへと変わる。

この物語が秀逸なのは視聴者は登場人物達と同様に
素性の知れない3人の男への疑念を膨らませ
「信じる」という事の難しさを体感し
その意味を深く深く考えさせる部分にある。

この物語は
「信じる事は難しいけれど信じる事が美徳」などという
薄っぺらで甘っちょろい結末を迎える事は無い。

一見すると

「信じられなかった者」の自らに向ける怒り
「信じた者」が裏切られた対象に向けた怒り

の様に見えるこの物語。
しかしちょっと思いを馳せると
決してそう単純な事では無いという事に気がつく。

「信じられなかった者」は自らに怒りを向けるが
「信じてもらえなかった側」は怒ってはいない。

各々状況も結末は違うものの乱暴にザックリと言ってしまえば
信じられなかった事に自らに怒りを向けるほど
その相手と真に向き合った結果であって
向き合ってもらえた相手は決して不幸であった訳ではない。

一方「信じた者」は裏切られた対象に怒りを向けるが
その「信じた事」は対象自身を信じていたのではなく
自身の抱える問題の共有者(共犯者と言ってもいいかな?)として
信じていたのであって実は自己中心的な理由だったりする。

つまり言葉にすると同じ「信じる」でも
その形は多種多様で訪れる結果も全て違う。

そして物語を見終えた後わからない事がいくつか残る。

その最たるものは殺人犯の「怒」は何に向けられていたのか?

しかし物語を見てわからない事は描かれていないのではなく
「わからない」という事が描かれている。

『悪人』と同様一言で片付けられない「何か」
形にしがたい「何か」を人々の関係性の間に
浮かび上がらせる素晴らしい作品でした。

現実にあった事件を想起させる設定である上に
非常に重苦しいテーマを扱った作品で
救いの無い部分も残るのですが
全く救いが無い訳でもなく
絵的な説得力で視聴者をある程度解放してくれる
バランス感覚がスゴイと思いました。

オススメします。

マジカル・ガール

マジカル・ガール(2014)
Magical Girl

20170512_02


2017.05.12.
鑑賞状況:やや寝不足
wowow 録画視聴
uzazo評価:★★★★☆


劇場公開当時、大変良い評判を聞いていて
観に行けなかった「マジカル・ガール」。

wowowで放送されていたので録画視聴してみました。


なるほどっこれは面白い。


どんな内容なのか知らずに観ていると
アレよアレよと全く知らない場所へと連れて行かれてしまう。
ストレートなフィルム・ノワールの傑作でした。

ニヒリズム的なユーモアを交えながらも
物語で巧妙に省略されている部分を想像させられ
ショック描写がほとんど無いにもかかわらず
見終わった後にはとても陰惨な物語を見た気分になる。

先が見えない暗闇の中を進んで行くような
この物語は詳細を知らないで観た方が楽しめるので
まだご覧になっていない方はココでお別れです。

wowowメンバーズオンデマンドでも配信されていますので
wowowに加入されている方は是非に。



余命わずかな娘の希を叶えたい父親が
金策に奔走する事でホンの少しのズレから歯車が狂いはじめる。

別に難しい話でもなくホントにストレートに面白い物語です。

フィルム・ノワールってファム・ファタールに
翻弄されてとんでもない世界に足を踏み入れてしまう物語ですが
見終わってみると2人のファム・ファタールの物語。

冒頭の

完全な真実というのは
常に答えが同じであり
つまり 2+2 は 4 なのだ


ジグソーパズルの最後のピースのありか

余命わずかな娘・アリシア と その父親・ルイス。
バルバラ と ダミアン

4人の運命のピースは常に答えは変わらない。と
冒頭で暗示させている事を思うとぞゾクッとしてしまう。


そしてどうしても「まどマギ」が重なって見えてしまう。

「まどマギ」のネタバレ入るのでご注意を。

「まどマギ」は魔法少女が成長すると魔女になる訳ですが
物語冒頭、少女として登場するバルバラは成長して魔女になります。
一方余命わずかな少女アリシアは魔法少女になった。

円環の理に導かれていく4人の物語。

そんな風に見えました。


そして物語冒頭、魔法少女であったバルバラ。

教師であったダミアンに授業中に持っていた
メモを読み上げさせられ「そのメモを渡しなさい」と
命じられるも渡す事は出来ないという。

「なぜなら持っていないから」

と、手を開くとメモが消えている。

ラスト・ダミアンは対になるように

「携帯電話を渡せない。なぜなら持っていないから。」

と手の平から消す。


ここで2人は対等の立場になれたのか?

決して対等にはなれていない。
なぜなら冒頭で少女バルバラが見せた魔法は
メモを手の平から消すことではない。

あの時に読み上げた言葉なのです。

読み上げるよう命じられたメモには
実は何も書いていない。

彼女の使った魔法は言葉そのものなんです。


この冒頭シーンを観た時に引っかかって
視聴後再度一時停止しながら確認しちゃいました。


これはボクが引っかかった印象的な部分なんですが
スミからスミまで丁寧に演出されていて
グイグイと物語に引き込まれてしまう。

名作だと思います。

GHOST IN THE SHELL

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017)
GHOST IN THE SHELL

20170329_01


2017.03.29.
鑑賞状況:やや寝不足
18:30〜 @よみうりホール 試写会
uzazo評価:★★★☆☆



「ゴースト・イン・ザ・シェル」攻殻機動隊の実写化。
試写会が当たったので観に行ってきました。

公開前なので以下ネタバレ無しのザックリ感想。


何とも言い難い。。。


といった感じでした。


ちなみに全く攻殻機動隊を知らない
ヨメ氏に感想を聞いてみた所
「普通に面白かったよ」と。

ちょっと判断に戸惑う作品だと思います。



ボクが何とも言い難かった理由。

日本のアニメファンは深度の違いはあれど
攻殻機動隊リテラシーがあると思うんですね。

ボクはそんなに深く語れる程ではありませんが
原作コミック・押井版・神山版・ARISEと
まぁ一通り見ています。

そうすると正直「微妙」と言いたくなるのですが
その「微妙」と感じる部分は攻殻を知っているから
感じてしまう部分なのだろうか?と自分に疑念を抱いてしまう。

そしてあしざまに批判するような事も出来ない。

なぜなら今回の実写版の作り手達が攻殻機動隊が
大好きなのはよくよく伝わって来ちゃうし
頑張っているのもよく分かる。

そして観客の中にいる攻殻機動隊ファン達に


「オレ攻殻好きなんだぜ!
 みんなも好きだろ!」



と目配せしてくるんでコチラとしても


「おっおう…」


と微妙な表情になってしまう。みたいな。


絵ヅラとしてもの凄くチャチいという事もありません。
いくつかのシーンを抜き出すと「おっ」と思える部分もある。

ただ厳しい言い方をすると
好きなシーンの切り貼りで作られている印象。

あくまでも切り貼りであってコラージュとして
新しい何かが産まれている訳でもないんです。

なので本作を見ると従来の攻殻機動隊と重ねて浮かぶ連想が
ノイズになってしまい結果的に物語に集中できなかった。

つまり別物としてまっさらな目で観る事を許さないぐらい
従来の攻殻をなぞりつつもやっぱり別物であるという…。


以下、ネタバレではありませんが
一つだけ内容に触れます。


もしかしたらボクなんかが思いつかないような
深度の深い分析で高評価される方が出てくる可能性も
なきにしもあらずなのですが
ボクが観た感想としては
本作でもっとも従来の攻殻と違う部分は

ゴーストのあり方についてです。

核心ともいえる部分が違うので
ボクとしてはどうしても厳しめの評価になってしまいます。

ただ「ゴーストのあり方が違う」って
従来の攻殻を知っているから感じる事であって
全くの初見・別の物語として見た人には関係ないんですよね。。。

ヨメ氏の感想も踏まえてもう一度観たら
全く別の作品として楽しめるかも。とは思います。

吹き替え版のキャストがオリジナルの声優さんという事なので
期待していたのですがボク的には1年後ぐらいに
WOWOWとかで観られればそれでいいかなぁ。と思っています。

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017)

20170320_01


2017.03.20.
鑑賞状況:やや寝不足
16:30〜 @ユナイテッドシネマとしまえん \1,800-
uzazo評価:★★☆☆☆



オッサンには観るベキ映画が他に沢山あると思いますが
ヨメ氏のリクエストで「映画ドラえもん」を観てきました。

公開から少し経っているのでガラガラかと思いきや
連休だった事もあってかホボホボ満席状態。
もちろんお子さんも沢山観に来ておりました。

人目も気にせず袖で涙を拭っているお子さんもいましたし
ヨメ氏も終盤泣いていたので合格点ではあると思います。
とはいえ、気になった部分もチラホラ。


以下、ネタバレ要素含みます。


ザックリとしたあらすじ。

暑い夏を南極の巨大流氷で快適に過ごそうとするドラえもん一行。
流氷深くに埋まっていたリングを見つける。
発見した部分の氷を調べると埋まったのは10万年前。
リングを持ち主に返しに行こうと10万年前にタイムスリップすると
凍りついた自分たちの星を救うために
地球に調査に来ていた宇宙人と遭遇…。

と、いった感じのストーリーです。


冒頭シーン。
ここは文句無く素晴らしかったです。
映画独自のキャラクターでのアクションシーンは
もの凄く迫力がある作画・演出は見事でした。

これは全編にわたって感じた事で
乗り物に乗っているシーンの色彩設計とか含めて
絵的なクオリティがとてつもなく高かった気がします。

さすが大人気コンテンツの劇場版といった所。

この感想を書く段で知ったのですが本作の監督は
スタジオジブリ出身の監督さんなんですね。

超納得です。
ナウシカオマージュと思われるシーンや
大量のウネウネしたものがうごめくシーン、
あれ?これって巨神兵じゃね?とか。
ジブリっぽいなと感じていたんです。


ドラえもんというコンテンツで問題になるのは
未来の道具を次々に出す事が出来る事。

正直、本作でも道具使いすぎじゃね。と思ったのですが
ヨメ氏に確認した所、今回の作品に登場する道具達は
概ね別のエピソードで登場した道具だという事でしたので
道具に関してしばりを設けて作られているのは良いと思いました。

そしてとても有名なアイテムのいくつかが
使えなくなるというしばりを強化する設定も良かったです。


しかし物語全般を考えると不満が残ります。

流氷の中から発見したリングなので
氷付けになった時代では別の場所である。という事で
本筋冒頭で南極での雪中行軍が結構長く描かれるのですが
一行が大変な目にあっているという絵ヅラだけで
この部分、実はあまり物語に寄与しないんですね。

一方、遺跡にたどり着いて進入していく場面。
「ここからは何が起こるからわからないから
 いざというときはコレで身を守るように」と
各人にドラ道具がランダムに配布されるのですが
この遺跡探検部分がダイジェストになってしまうんです。

これって逆じゃねぇかな?と。

各人に道具が渡され探検する状況は
無尽蔵にドラ道具が供給できないという
最大のしばりになる場面です。
渡された道具でアイディアを駆使し
困難を乗り切る展開になり得る部分なので
雪中行軍をダイジェストにして
コッチに時間を使う方が良かった気がします。

そして道具の使い方についてはアイディア不足。
物語の展開上で使った道具が
別のシーンで全く想定していなかった
使い方をするという展開があまりありません。
(全くとはいいませんが…)

ドラえもんというコンテンツでの「未来の道具」って
伏線を作る事ができる強み部分だと思うので
もっと何か工夫が欲しかったです。


ボクが最も納得のいかなかったシーン。

敵に仕組まれた罠で偽ドラえもんが現れて
どちらが本物のドラえもんか迷うシーンが出てくるんです。
四次元ポケットと鈴を奪われ言葉が話せなくなった本物ドラえもん。
どちらが本物か決めるように詰め寄られたのび太がいうセリフ。

どっちも本物のドラえもんという事じゃダメかな?


・・・


のび太くん


ダメです。

この場面では確信を持って

こっちが本物のドラえもんだっ!

と言ってくれないと。

なぜならこのシーン。
観客にはどちらがニセモノか
明確にわかるように描かれているんです。

もちろん観客にもどちらが本物かわからない演出であっても
のび太は確信を持って「こっちが本物だ!」と言ってもらいたい。

特に今回の様なニセモノをわかっている状態では
「騙されるのではないか?」「騙されちゃダメだっ!」という
強い気持ちでこのシーンを見守っている訳です。

どちらが悪いドラえもんかなんて決められない。という
一見、のび太の優しさから産まれたと見えるセリフですが
結局、外見(ポケットと鈴)と言葉を失った状態になると
のび太には本物のドラえもんが分からない。という宣言。


これはいけない。


どんなキッカケで確信を持ったら良かったのか
帰路の電車でヨメ氏と検討会を開きましたが

「理由は描かなくても良い」
「むしろ描かない方が良い」


ドラえもんとのび太の瞳のカットバック。
他の登場人物はもちろん観客にもわからない
二人だけが通じ合える「何か」。
それだけで確信を持って本物を言い当てる。

これだけで、むしろこの方が感動的だ。

という結論になりました。

とにもかくにも感動的なシーンであるハズのこの場面が
ボク的には最大の減点ポイントになってしまいました。


そしてジャイアン・スネ夫の「手の平返し」。
いくつかあるのですが映画版ならではの
「手の平返して良い奴」じゃないのも気になりました。

物語終盤。
氷付けの星を救うためのアイテムが
実は地球にも必要なアイテムである事がわかるやいなや
ジャイアン・スネ夫は「返せ」と詰め寄ります。

えぇぇ…(イメージ:松本人志)

ですわ。

彼女にはのっぴきならないアイテム。
一緒に冒険してその事を知っているのですから
手の平返しの前に少しは苦悩してくれ。と。


あと別れ際もあまりウマクありません。

一緒にこの物語で冒険をしてきた異星人との別れ。
アイテムの入手に対する感謝という程度で
割りとサラッとお別れします。

ドラえもん一行の行動、勇気やアイディア、不屈の精神などに感化されて
「自分の星を救う為にワタシたちも頑張る」という流れはないんです。

ある意味当然ではあります。

なぜなら今回の冒険では
そういった関係性は描かれていないんです。

いわゆるジュブナイル物としては
あまりウマク無かったなぁと思います。


見終わったあとヨメ氏は泣いていたのですが
話を聞いてみると別の劇場版にあったあるシーンと
似たような展開になると想像して泣いてしまったとの事。


「アレをやられたらマジ号泣だったわぁ」と。


それは今回の物語でも簡単にできるちょっとした演出なので
今回も臆面なくやるべきだった。とボクは思いました。

ソレを「お涙頂戴であざとい」というのであれば
その演出を入れる事があざといと思わせる
物語の積み上げ不足の方に問題があると思います。


あと評価ポイント。

ラストのラストに望遠鏡を使ったシーンがあるんですが
あれはスゴクオシャレで良かったです。

ただそれも別れのシーンをもっと丁寧に描けていれば
何倍も何十倍も深みのあるシーンになったハズなので
評価ポイントであってもザンネンに感じてしまいます。


やいやいと書いて来ましたが
もちろん何もかもダメという訳ではありません。
前述した通りアイテムをしばる設定や
その事でタイムリープが同じ場所に限定されるなど
なるほど。と思うアイディアはちゃんとあります。

しかしそれらのアイディアの内、
核心に関わるいくつかは前半部分でわかっちゃうんです。
「それはオトナとして観ているからでは?」という
意見もあるかもしれませんが
「わかりやすく描かないと子供にはわからない」という気持ちで
作られたのであれば子供をバカにしていると思います。

実際ピクサーの作品なんかは大人の目線でも
なんら不満を感じることなく、それどころか十二分に
楽しめる作品になっていますよね。(高評価の近作観ていませんが…)

もちろん基本の設定があるドラえもんと
世界観からフリーハンドで作れるピクサー作品を比べるのは
乱暴である事は重々承知です。
しかしドラえもんはもっともっと良い作品になる
可能性があるコンテンツだと思うのです。


最後になりますがボクは最近の劇場版ドラえもんを
沢山みている訳ではありませんので
ココまで書いて来た事が本作特有の問題なのか
シリーズ全般の問題なのかは定かではありません。

ただ、観た大人がついつい

「今回のドラえもんはマジでヤバイ」

なんて言いふらしたくなるような作品を期待したいです。

ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド(2016)
LA LA LAND

20170305_01


2017.03.05.
鑑賞状況:やや寝不足
@ユナイテッドシネマとしまえん IMAX \2,000-
uzazo評価:★★★★★



最高!
素晴らしかったです!



まず本編と関係の無い感想ですが
プロモーションがメチャクチャ上手かったと思います。
劇場に足を運んで貰うために作品の良いところを
言わなければならないと思うのですが
時として「あぁそれは言わないで欲しかった」とか
「先にそれを言っちゃ台無しじゃね」みたいな事がママあります。

本作では作品の魅力は伝えつつも
大切な部分に触れることなく
プロモーションされていたと思います。

日本での公開から1週間経ちましたが
情報に触れないでいる事も時間が経つにつれて
難しくなると思いますので興味のある方は
出来るだけ早く観てしまう事をオススメします。


そしてこの感想も例外ではありません。

感想の後半に行けば行くほど観賞前に
触れない方がいいニュアンスが出てくると思いますので
観賞予定の方はご注意を。


僕の大好きな『セッション』を撮った
デイミアン・チャゼル監督作品。
32歳という大変お若い監督です。

ボクは『セッション』が大好き過ぎるのですが
あの作品を嫌いだという人もいるんですよね。

もちろん作品の評価は人それぞれですが
『セッション』に関してはとらえ違いをしていて
キライになっている人もいるような気がしてならないんです。

継ぎ足し継ぎ足しの不格好な感想ですが
当時書いた『セッション』の感想がありますので
「読んでやろう」という奇特な方はコチラから

『セッション』の感想 

キライという方は作品に描かれている「音楽観」がキライという人が
ある程度いると思うのですが『セッション』では
いわゆる正義の理論が登場しない作品だと思っているんです。

Star Warsで例えるならプリクエルにあたる
最強の敵、ダース・ベイダー誕生物語。


しかしですね。


当時、デイミアン・チャゼルの関連作品として観られた他の作品は
脚本で関わった『グランドピアノ 狙われた黒鍵』だけだった。
これまた「トンデモ映画」といっていい内容で
監督の持っている「音楽観」ウンヌンできる物では無かった。

『グランドピアノ 狙われた黒鍵』の感想。


仮にデイミアン・チャゼルが
明らかにおかしな「音楽観」の持ち主であったとしても
ボクの『セッション』の感想は全く変わりませんが
ラッキーパンチの可能性も否めなかったので
デイミアン・チャゼルの監督としての評価は
次回作持ち越しにしていました。


で、次回作として登場したのが

『ラ・ラ・ランド』

これはとんでもない監督が登場したなぁという感想です。


ボクのミュージカルに対するスタンスですが
好きな作品もあるけど積極的なファンとは言い難い。
という感じです。

ミュージカルのミュージカルたる要素には
歌とダンスがありますがこの最もミュージカル的な見せ場が
時に物語を停滞させてしまう事がある。
ボクはダンスを観るのも好きなのですが
映画・舞台を観る時には物語を重視してみていますので
物語が多少もたついてもそれを超える魅力を感じた作品を
好きになっているのだと思います。

さて、本作はどうであったか。

物語を停滞させない工夫が随所に散りばめられていましたし
なによりそんな事がどうでも良くなるような
圧倒的な魅力を持った作品になっていました。


以降ほんの少し内容に触れます。


とにかく冒頭から圧巻のスペクタクルシーンです。

ミュージカル「映画」の名作には舞台では
表現しがたい演出が用いられている事がしばしばあります。

その意味で『ラ・ラ・ランド』の冒頭シーンは
圧倒的と言っていいと思います。
1カメ・1カットの長回し(風?)で
映画でしか表現しえないスケールのオープニング。
続くシーンも計算されつくしたシークエンスのつるべ打ち。

iPhoneも登場する現代の物語でありながら
往年のミュージカル映画の良き部分を踏襲し物語は進んで行きます。

女優を目指すミアと
JAZZピアノを弾いているセバスチャン。
夢を追いかける2人の物語。

とにかくステキな物語なんです。。。

それだけでも十分に観る価値のある作品です。



以降、ネタバレ含みます。



前述の通り圧倒的なスケールとクオリティで
とても美しい物語を軽快なタッチで描いていくのですが
「スゴク面白かったけど普通だった」と思う人もいるみたいです。

ボクとしては「ウソだろっ!」と思うのですが。。。


この映画って『セッション』と同じ構造ですよね。
前半部分に描いて来た事が終盤10数分に極に達した形で表現される。

『セッション』では
ドラマーの物語を描いて来た
最後の最後に極に達した形のドラムソロが現れる。

『ラ・ラ・ランド』では
ロサンゼルスを舞台にしたミュージカルが描かれ
最後の最後に極に達した形のミュージカルが現れる。

そして『セッション』でも『ラ・ラ・ランド』でも
アイコンタクトを取っている2人にしか
わからない感情が交わされる。

観てない人には何のコッチャわからないと思いますが

観ればわかります!
観ましょう!




完全にネタバレしますが
前述の「極に達した形のミュージカル」。
セバスチャンのピアノを聴くミアとの間に産まれた
「ありえたかもしれない人生」が
ミュージカルとして描かれていきます。

つまりそれは「ラ・ラ・ランド」。

物語上描かれる空想でありながら
同時に本作自体の、もっと言えば
ミュージカル作品に対する自己言及。

観客としてはどうしたってこの怒濤の展開に
肩入れして感情移入して観てしまいます。

「どうかこれが夢ではありませんように…」

そんな気持ちでこのシーンを観てしまうんです。

しかしココで描かれるミュージカルは
ミュージカル然として描かれている。

冒頭のハイウェイのスペクタクルシーンも
舞台上での表現に置き換わり
まるで「雨に唄えば」のThe Broadway Melodyなんですよ。

つまりミュージカルとして描かれる「夢のような恋の話」は
ミュージカルの中にしか存在しない事を2人は知っている。

そして夢から醒めた二人は
互いの感情を確かめ合うように視線を交わす。

とても切ないエンディングですが
現実を肯定するとても前向きなラストだったと
ボクは感じました。


先ほど“「雨に唄えば」のThe Broadway Melody”と書きましたが
思い返して観ると全体の劇構造も「雨に唄えば」と重なりますね。
現代風なアレンジが入っていてもオーソドックスな
ミュージカル映画へのリスペクトと同時に
物語をその外側にもっていくというのは
恐るべしデイミアン・チャゼルといった感じす。


もう書いていて自分でもなんだかわからなくなりましたが

とにかく最高でした!


Profile
Search (in blog)
Recent Comment
Sponsored Link
感想文を提出いたします。(別館