感想文を提出いたします。(別館

観たり聴いたり行ったりしたものの感想をだらだらと。。。

浅瀬から見る「憲法」と「地政学」 @モーリー・ロバートソン チャンネル【終】

  • June 07, 2017
  • TV
maxresdefault


公開されているアノ映画やコノ映画を観に行かねば、
撮りためているアノ映画やコノ映画を観ねば、
と思っているのですが現在サゲサゲマインドで
中々外に足が向かずブログ更新停滞中。

なので本日はオススメの番組。

と、言ってもニコ生の番組で
しかももう最終回を迎えてしまった
「モーリー・ロバートソン チャンネル」

TVへの露出も多くなっているのでご存じの方も多いと思いますが
彼がニコニコ動画で持っていた番組で先日最終回を迎えました。
独自の切り口・ゲストで様々なテーマを扱っていた番組で
モリーの聴き手としての知識量とゴキゲンオジサンな感じが
非常に楽しく毎回楽しく見ていました。

8月(だったかな?)過去アーカイブも消えてしまうという事で
個人的に面白かった回を2つほどご紹介。


このエントリーのタイトル「浅瀬から見る〜」からして
腰が引けていますがワタクシ学が無いもので
難しい話題は苦手です。
あくまでも番組を紹介しているだけですので…

過疎ブログだから大丈夫だと思いますが
コメント欄とか炎上しても総スルーの構えです。(笑


番組では時事ネタを扱う事も多いのですが
内容的にはタイムリーな憲法の話。

井上達夫×モーリー
「護憲派と憲法の涙」…リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください



この番組は安保法制が話題になった時に放送されたのですが
憲法について語られているので改憲論議が盛り上がっている
今見ても非常に楽しいと思います。

ゲストは右にも左にも怒りまくる「怒りの法哲学者」井上達夫さん。
とにかく面白いんですが井上先生の言っている内容が
ボクが高校生の頃から思っていた事とピッタリ重なってビックリ。

もちろん学の無いボクが同じレベルで考えているという訳がありせんし
おこがましいですが理屈とスタンスが同じである事がウレシくスッキリ。

もちろん難しい問題でイロイロなスタンスの人がいると思いますが
番組を見ると右・左、改憲派・護憲派、などザックリとした塊ではなく
細分化されているそれぞれの立場とそれぞれの欺瞞が見えてきます。

憲法については今後もズット話題になり続けると思うので
考えの手引き的な内容だと思いますので是非に。




もう一つはタイムリーとは言い難いですがとにかく面白い

高橋洋一×モーリー
「地政学で振り返る2015年の世界NEWS」



この番組のゲストは財務省の幹部に
「高橋は三回殺しても殺し足りない」と言われた
経済学者・数量分析者である高橋洋一さん。

地政学とは地理的な環境が国家に与える
政治的、軍事的、経済的な影響の事ですが
そんな事より何より初対面の2人(高橋さん・モリーさん)が
ぐんぐんドライブしていく対話が面白いです。

典型的な天才、高橋さんに負けない知識量の
聴き手としてのモリーさんの良さが最大減に発揮されていると思います。

前半に出てくる中国に民主主義を広める方法や
中盤の中国の覇権主義を表す「い・た・だ・き」というワード、
終盤のギリシャ危機に対する見解。

とにかく爆笑の連続です。



「新たな場を求めて」という前向きな終了だそうですが
面白い番組だったのに個人的にはザンネン。
過去動画が見られるウチに他の動画も見直してみようと思っています。

ヒトリシズカ

  • January 30, 2016
  • TV
ヒトリシズカ(2012)

20160130_03


2016.1.30.
鑑賞状況:深夜オネム
wowowメンバーズオンデマンド
uzazo評価:★★★☆☆


最近多用しているwowowメンバーズオンデマンド。

別作業しながら観たかったので日本語でと思いまして
WOWOWの連続ドラマW「ヒトリシズカ」を観ました。

民放で放送されているドラマを数年見ていないんですが
WOWOWの連続ドラマWはたまに見ます。
(例外として『掟上今日子の備忘録』は全話見ました。
 毎週ガッキーが見られて幸せでした。カワイイは正義。)

で、本作「ヒトリシズカ」を
見進めていると衝撃の事実が判明しまして。


オレこのドラマ観た事あったわ。


まぁ以前に観ていたのは第五話の途中からと
第六話(最終話)だけですが。

何故に気がつかなかったのかと言いますと
夏帆さん演じる主人公を軸にしているものの
基本は短編の構造になっているんですね。

第五話を見始めて「アレっ?」ってな感じでビックリしました。
5・6話も面白かったんですが
今回、未見だった1〜4話見て
「あぁオレこの物語の魅力全然堪能出来てなかったわ」
と思いました。


各話で語られる殺人事件の真相に見え隠れする少女。
物語が進んで行く事でその少女の真相に迫っていく
サスペンス・ミステリー。

かなり満足度高かったです。

この感想を書く為に調べた所
原作は「ストロベリーナイト」と同じ方なんですね。

超納得しました。


wowowメンバーズオンデマンドで
配信されていますので興味のある方は是非に。

他の 連続ドラマW 枠のドラマも
時間のあるときに観てみようと思います。


園子温ケーブルテレビ実験室 ♯10

  • August 22, 2013
  • TV
園子温ケーブルテレビ実験室 ♯10
「園子温×寺山修司」

2013.08.22.
鑑賞状況:やや眠
JCN 録画
uzazo評価:★★★★★(アツイッ)
得体の知れない熱の渦。
表現者・園子温の核が垣間見えた。


みんな大好き園子温監督の冠番組
「園子温ケーブルテレビ実験室」。

ケーブルテレビJCNにて放送されている30分番組。
番組タイトルにもあるように決まったフォーマットの無い
非常に実験的な番組で毎回興味深く視聴している。

♯10 は「園子温×寺山修司」。


ワタリウム美術館で開催中の寺山修司展で行われた
園子温監督・演出のイベントの内容を中心に
若かりし頃の園子温監督の映像を織り交ぜ構成された内容。

30分という短い番組ですが園子温監督の映画の様に
ギュギュギュッと濃縮された熱を感じる素晴らしい作品でした。

東京ガガガや20年前の園監督のインタビュー映像は
園子温監督の核心が映し出されていた様に感じた。
その事で番組用に抽出された朗読劇は強化され
断片的でありながらも薄まること無く熱がビシビシと伝わって来た。


朗読劇「グレイテスト・ヒッツ・テラヤマ」。

これも素晴らしい内容でした。

寺山修司について園子温監督が語り
観客の中から不意に出演者が現れ
「書を捨てよ町へ出よう」の冒頭を再現。

まぁ観客席に出演者が紛れているという演出は良くある手法。
しかしその後の展開で客席からワラワラと出演者が立ち上がっていく。
番組映像を見た印象だと会場の半数ぐらいが出演者。

途中監督が
「自分以外全員出演者じゃないかって疑いたくなりますよね。(笑)」(文言うろ覚え)
と言っていたが本当にあの場に観客としていたら
脳内グルグル状態に陥っていたと思う。

そしてその朗読劇の最後は壁に映し出された
寺山修司の詩を観客を巻き込んで朗読するという物。

演劇とは事件であり、観客はその目撃者であり共犯者である。
想像でしかないが、そういった猥雑空間体験が
当時の「天井桟敷」を初めとするアングラ演劇と呼ばれた芝居の
劇場体験その物だったのではないだろうか。
その意味で寺山修司という空気を追体験させる素晴らしいイベント。

なんにしてもその場に居合わせる事が出来なかったのは残念。

「自分だけが観客なのではないだろうか?」という恐怖を抱きながら
脳内をグルグルさせ事件の目撃者・共犯者になってみたかった。

そしてこの朗読劇に観た驚きこそが
ボクが園子温監督の映画作品が好きな理由なんだ。
という事に気がついた。


とにかく充実した30分。素晴らしい番組でした。

ザ・フォロイング

  • July 26, 2013
  • TV
ザ・フォロイング
THE FOLLOWING

20130726_01

2013.07.26.
鑑賞状況:良好
wowow 録画
uzazo評価:★★★★☆(オモロイ)
本格サスペンス連続ドラマ。
なぜ日本でこういうドラマを作らないのか?


wowowで放送が始まったケヴィン・ベーコン主演の
連続ドラマ「ザ・フォロイング」。
現在放送済みの第三話まで一気観。

コレかなりオモシロイっす。

サイコサスペンスなんですがホントに良くできていて
初回放送分でかなりの要素が盛り込まれていて大満足。
もちろん今後の展開も楽しみではあるのですが
第一話だけで一つの作品として楽しめる程の満足感。

「羊たちの沈黙」「セブン」を彷彿させる
本格的サイコサスペンス。

既にセカンドシーズンの制作が
決定しているのも納得の内容でした。

たぶんどこかのタイミングで
再放送なり一挙放送なりあると思うので
未見の方は是非に第一話だけでも。


アメリカのドラマと日本のドラマでは
DVDセールスや放送権の販売マーケットの差が
(言語の問題で)歴然で掛けられる制作費に
かなりハンディがあるそうです。

「24」「LOST」の様な作品は制作費の問題で
難しい部分もあると思うのですが
サスペンスなら日本でも作れそうな気がするんですが…。

アイドルを主演にしてヘッポコ演技に
莫大なギャラを払うのは辞めて
純粋な制作費にお金をかけて
こういう国産ドラマ作って欲しいです。

ニュースルーム

  • July 02, 2013
  • TV
ニュースルーム
THE NEWSROOM

20130702_01

2013.07.01.
鑑賞状況:万全
wowow放送
uzazo評価:★★★★☆(オモロイッ)
今の日本では決して作る事のできないドラマ。

wowowで放送された海外ドラマ。
「ソーシャル・ネットワーク」「マネーボール」の脚本を
担当したアーロン・ソーキンが企画・製作総指揮という事で
楽しみにして録画していたものを一気観。

とは言っても基本一話完結の全10話ですから
かなりコンパクトな作品だと思います。
「24」なら一気観するのにCMカットしても
20時間以上見ないといけないですからね。w

いやぁこれはオモシロかったです。

毎回実際に起こった事件テーマにして
その事件をどう伝えるのか、
まさにニュースの舞台裏を描いていくドラマ。

とはいっても終始堅苦しい訳ではなく
コメディーシーンや恋愛模様などもバランス良く
折り込まれているので最後まで楽しく観る事ができました。

一番驚いたのは政治的主張を全面に押し出している事。
その方向性の善し悪しはココでふれませんが
「バランスを取った〜、中道的な〜」という体を取っている
日本のTV局では決して作る事ができないドラマです。

報道のあり方を描いたドラマですが
このドラマを制作し放送する
局の姿勢を明確にする事は日本より健全かなぁと思います。

そしてこのドラマ中で最も驚いたエピソードは
オサマ・ビンラディン殺害のニュースを扱った回です。

ボクだけでなく明らかに日本人の感覚とは違うと思います。

その事についての感想は書きませんが
ドラマとして普通に楽しめたのは良かったですし
ドラマを越えたメディアの政治主張のあり方や
扱うニュースにそのものに関しての
日本人とのテンションの違いを感じる事ができる
有意義なドラマでした。
Profile
Search (in blog)
Recent Comment
Sponsored Link
感想文を提出いたします。(別館