2008年06月

2008年06月30日

雨水タンク

環境問題が叫ばれている昨今、みなさんはどのようなことをされてますか?
具体的に何をしていると言えない私は、あまり偉そうなことは言えませんが、
少しずつでも環境に配慮した設計をしていきたいと思っています。

先日、お客様のお宅に「雨水タンク」を設置しました。
樋を流れる雨水を溜めるだけのものですが、庭への散水等であれば必要十分です。
タンク容量にもいろいろな容量のものがあり、使用目的において選択できます。
また、松山市は雨水タンク設置の際に補助金が出るため、費用の面においても比較的手軽に設置することができます。
PICT0001
ちなみに写真の製品は200Lタンクです。
下のほうの蛇口より溜まった水が出てきます。
雨の日が楽しくなるスローライフな雨水タンク、みなさんもいかがですか?

uzukubo at 21:49コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月30日

飲み会

本日は夜にささやかながら職人さん含めうずくぼのスタッフでの飲み会がありました。うずくぼは毎年5月が決算となってますので一応の区切りということでの飲み会です。

どこを見渡しても景気の良いところは見当たらない昨今ですが、それに輪を掛けて建築業界は不況業種といわれています。この一年でも”えっ、まさか”と思われるような建築会社が不況のあおりで倒産したなんて話も耳にしました。本当に厳しい時代なんですねぇ。他人事ではございません。

そんな中、うずくぼはいろんな方に支えられながら何とかかんとか頑張りぬけた一年でした。地場の工務店である我々にとってそこに会社が存在し続けること、そしてこれまでにお仕事をさせていただいた方々のお家、お店の面倒を見続けさせていただくことが第一の使命です。何はともあれこの向かい風の中、とりあえず会社が元気でいられるこに感謝、感謝です。


既に今期が始まっています。厳しい状況も一向に良くなる気配はございません。状況を変えることはできなくても、それに対応するために自分を、会社を変化させていくことは可能なはずです。スタッフのみんなと美味しいお酒を酌み交わしながら、

『必ずや今期もみんなで力を合わせ納得のいく一年間にしよう。来年の今頃は今日よりももっと美味しくお酒をみんなで酌み交わしていよう!!』

な〜んて殊勝なことを思ったかどうかは別にして楽しく酔いどれとりました営業担当山本です。

uzukubo at 10:40コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月25日

家づくりの第一歩!地鎮祭がおごそかに・・・。

uzukubo at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月24日

ほのぼのシーン・in完成見学会

あわただしく駆け抜けていった2日間の中で、時折和んだ時間がありました。

2日間、四国電力さんのご協力で“ルネサンス号”が来て、たくさんの方にIHクッキング体験や、憩いの時間を提供していただきました。

お子様が、IHで焼きそばを作り、それをおじいちゃんに食べさせたくて、おじいちゃんを探していました。
畑で作業をされていたので、おじいちゃんは畑にいるよ、と教えてあげたらまっしぐらに走っていって、早く来て食べてと手を引っ張っていきます。
おじいちゃんも「・・ちゃんが作ったの?」と、嬉しそうに手を休めてついていってました。

また、お姉ちゃんといつも遊んでいる弟君も、自分より小さなお子さんには、お兄ちゃん気分でやさしく教えてあげていたり..

手入れの行き届いた、お庭を見ていたら、その家の奥様と話ができたらしく、よろしかったらときれいな赤紫のシソを分けていただいたと、喜んでおられる方がいたり、

家の周りを探検(?)してきて、初対面の私たちに「ただいま!」と大きな声で話す幼いお子様がいたり、「ただいま!」 「おかえり!」 そんな単純な声かけだけで、思わず笑ってしまう時間がありました。

当たり前であろうことでもあり、なかなか遭遇しない場面でもあり、ちょっとした時間に癒された2日間でした。

たくさんの方に来ていただき、感謝です。

uzukubo at 10:26コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2008年06月22日

完成見学会

昨日、今日の2日間、針田町にて
完成見学会を行いました。

あいにくの天候にもかかわらず
たくさんのお客様にご来場いただきました。

今回のお家は「FASの家」ということで
梅雨のジメジメした天候に対して
室内のカラッとした環境に
ご来場されたお客様も驚かれていました。

この‘空気サラサラFASの家’にご興味のある方は
砥部町にある当社性能展示場にご来場ください。
いつでもこの快適な環境を体感することができます。
なお、FAS工法の詳しい情報はこちらをチェック!
http://www.fas-21.com/

今回快く見学会を開かせてくれたお施主様と
いろいろとご協力いただいたお父様とお母様に感謝、感謝です。
今後ともよいお付き合いができるよう社員一同よろしくお願いします。
あっ、臨時営業部長として走り回ってくれた小さな営業マン
(施主様のお子様2人)にも大変感謝です。( ̄ー ̄)ニヤリッ

uzukubo at 22:55コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2008年06月19日

ジメジメ(-_-;)

今日はこれぞ梅雨だなぁって天気でした。
曇っててたまに雨降って、
湿気っぽくて肌がベトベトして。

個人的には四季を楽しめる日本の気候風土は情緒もあって好きなんですが、正直ムシムシ、ジメジメの梅雨時期は過ごしにくくてなんとなく気分も滅入りがちで苦手な営業担当山本です。

ちなみに先日のニュースでは沖縄で梅雨があけたそうで夏に向かってまっしぐらとのこと。一方で東北地方は梅雨に入ったと報道されており、地震被災地での二次、三次災害への警戒を強めねばとのこと。

???(・・?

同じ日本なのに??

かたや梅雨明け、かたや梅雨入り。

梅雨ってなに??


ってことでこの肌にまとわり付くような不愉快なジメジメの正体でも知っといたろかいとの思いつきで少し梅雨について調べてみました。(ネットでそれらしいページを見ただけですけどそれが何か?)


それによるとですね、
梅雨ってのは春と夏を隔てる期間であるらしく、その間は春の高気圧と夏の高気圧の影響によってできる梅雨前線が天候に影響を及ぼすらしいです。


y000616_1

簡単に言ってしまうとこの梅雨前線が近づいたときが梅雨入り、離れるもしくは前線そのものが消滅してしまったときが梅雨明けってなことになるそうです。


ちなみに梅雨前線が付近にあるまま季節的には夏になると梅雨明けが無かったということになるそうです。(そういえば去年がそうだったようなことをテレビで言ってたような気がしますね)


これまで毎年体験してた梅雨ですが、少し詳しく知れたことでなるほどなと思わされた一日でした。ジメジメは解消されませんけど・・

uzukubo at 18:27コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月18日

社屋の周辺は自然がいっぱい!

2b4cff9a.JPG今日は、社屋の周辺を紹介します。2Fの事務所の窓からなにげに外に目をやると竹林が見えます。2年前にはなにも無く隣の空き地が見え、その向こうにあるびわの木も毎年実のなりぐわいなど、たのしんでいたのですが手前の竹の成長にはばまれて今は何も見えない状態です。。゜゜(´□`。)°゜。しかしこの竹林の竹いがいなところで役にたっています。建築会社に欠かせない地鎮祭!朝いちに切った竹のでばんです。なんとみずみずしい!ご利益がありそうです。
その横に突然現れた小屋!なんとなんと立派な鶏小屋(社長みずから、熟年の大工さんと製作)があっという間にできていました。5羽の鶏が悠々自適に暮らしています。
卵を生むのを首をながくしてまっている社長です。(誰にも卵たべさせんぞーと言ってます)たくさん生んだら食べたいなー(*´∇`*)この続きは、次回をお楽しみに!
        担当 光宗

P6180005

uzukubo at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月17日

ハッピーバースデ〜♪

な、なんと今日は私どもの社長の??才の誕生日です。

ファースの開発元の?福地建装様からも、お祝いのFAXが届きました。(わかりづらいですが、写真に何気に入ってます。)

お花は、夜の街の美しいお嬢様からのお祝い??
・・・ん〜どうでしょう?

そんな話はさておき、ますます、元気で頑張っていただきたいと、ミーティングのときに、わざとらしく(?)「おめでとうございます〜」と、みんなでお祝いの言葉&拍手&ハッピーバースデーの歌を合唱したのか、どうか..?

会社の中で一番元気な社長、とにもかくにもハッピーバースデー!!

P6170002

uzukubo at 14:34コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2008年06月16日

店舗の現場2

酒菜ゆうじろう+吞

以前、店舗の現場というタイトルで書込みをしましたが、
本日無事、お引き渡しすることができました。

最終日まで、バタバタと現場をかけずりまわっていましたが、
無事お渡しすることができて一安心です。

いろいろな什器も入り、暖簾も掛ったため
店全体がグッと引き締まった感じがします。

松山市一番町 酒菜 ゆうじろう
          おでんや 呑気

2008年6月19日 新装OPEN!!

ぜひお立ち寄りください。

すごくやさしいご主人の笑顔と
すごく温かいお母さんの笑顔と
すごく美味しい料理とお酒が頂けますよー。

酒菜ゆうじろう+吞

uzukubo at 22:38コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2008年06月13日

まっすん来たる!撮影現場にて

P6130031

皆さんは毎週土曜日の午前10:10よりテレビ愛媛にて放送されています『まっすんの陽あたり良好』という番組をご存知でしょうか?桝形浩人さんが演じる大正ロマンの吟遊詩人”まっすん”がお届けしている住宅情報番組です。(ローカルですのでこの地方の方以外はご存じないと思います)

実は今年に入ってから何度かうずくぼ工房もこちらの番組に登場させていただいてるのですが、今度予定してます完成見学会の告知もかねて今月21日の番組の中でおじゃまさせて頂く事になりました。(ちなみに見学会は21日、22日の二日間です。)

今日はその撮影のためにまっすんはじめスタッフの方々がいらしてくださいました。写真は撮影終了後、今回完成させていただきましたお家の中で撮らせて頂いたものです。

写真右よりお施主様、まっすんこと桝形さん、番組プロデュースをされています蠢歪娘卍垢気鵑凌校海気鵝∋1謄好織奪佞硫酸爾気鵝▲メラさんです。

今回お施主様のご好意によりお家での撮影にご協力いただいたばかりか、見学にこられてた奥様にはその場にて急きょご出演まで頂きました(しかも喋りが上手いっ(☆0☆)あまりに自然体な感じにびっくりしちゃいました。あがり症の僕としてはマジそんけーです)

初めて見たその現場でどこをどう写しながら、どういう話の組み立てで視聴者の方に情報を発信していくか、ということをてきぱきと打ち合わせ実行していくスタッフの皆様の仕事はまさにプロ。現場は程よい緊張感と共に、常に明るく楽しい雰囲気に包まれています。スタッフの皆さん、そしてやはり桝形さんのお人柄なんでしょうね。建築にしても番組にしてもやはり『つくる』という行為はそこに携わる方の想いが現場に現れ、そして形となっていくのだろうなと感じました。


是非皆さん放送もご覧になっていただければ幸いです。その後見学会にもいらしてくださいね。営業担当山本でした。

uzukubo at 21:12コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月11日

日本の夏にかかせない、縁台いかが?

35f09ce5.JPG忙しい毎日を送っていると季節のほうがどんどん変わっていって、気持ちと、体がおいつかないでまって〜!という感じの生活を送っているのは、自分だけでしょうか?
そんなとき事務所の下の工場で大工さんがなにやらカンカントントン、製作していました。なにかな〜と覗いてみると、懐かしい縁台がいくつもできあがっていました。
杉の無垢材で一台一台丁寧な仕事がしてあり、手触り、座りごこち満点です。
これからの夏、庭先においてビールでもぐっといったら、つかの間の骨休めになることまちがいなし!みなさんもいかがですか?うずくぼから和みの場所をお届けしたいと思います。

(A)W2000×D520×H450 1台 ¥18.000-(税込み)送料別途

(B)W2000×D950×H450 1台 ¥28.000-(税込み)送料別途

台数に限りがありますので、お早めにお問い合わせください。
   TEL089-963-3258   FAX089-963-1185     担当光宗







uzukubo at 20:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月11日

北海道のまりも

2年前、社長をはじめ、大工さんたち、男性スタッフ(2名ですけどね・・)が、北海道の同じファース加盟工務店さんのところへ研修に行ったとき、やさしい山本君が留守番をしていた私たち女性にお土産に買ってきてくれた“まりも”。

少し前に話題になった“白い恋人”と同じくらいなベタなお土産。(あくまでも、やさしさに感謝してるんですよ・・)

木彫りのシャケを加えた熊でなかった分、ナイスチョイス・・??

ところで、一体このまりもって、少しは大きくなるの?と、みんなで疑問を持ちつつ、時折水を替えたりしています。
生きているのか、よくわからないのですが、普通に濃いみどり色をしているから、大丈夫かな?

大きくなったかどうか、確認できるように初めに測ったとき、確か直径8ミリだったと記憶しているのですが、これを書く直前に測ったら1センチでした。

あまり、変化に気づかないのですが・・測る人があやしいので誤差がかなりあるかも?

でも、きっと成長してるに違いないと思うのでした。 
あまりにも地味なものなので、今回写真は割愛させてもらいます。

ご覧になりたい方は、ぜひ事務所へ起こしください。(そんな暇な人いない?)


uzukubo at 10:21コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2008年06月09日

亀老山展望公園

先日、私事で大島に行く機会があったのですが、
少し時間が空いたので「亀老山展望公園」に行ってきました。

何度か行ったことはあったのですが、今回は母や姉が一緒だったため
ぜひ一緒に見たいと思い、いざ亀老山へ!

亀老山展望台から見える景色は絶景で、広い海に浮かぶ来島海峡大橋は感動ものです。
しかし、私が今回家族に見せたかったものは展望台自体でした。
この展望台は有名な建築家が設計しており、個人的には非常に好きな建築です。
これが普段建築に携わっていない人たちにはどのように見えるのかが興味があったのですが・・・・。

頂上に上がり、母が言った一言は・・・「暑い!」

なんじゃ、そりゃ!なんも感じんのかい!!

案の定といえば、それまでですが興味のない人にはそんなもんか。
車中で熱く語っていた自分が悲しくなったとさ・・・。

あっ、うちの冷めた家族はほっといて興味のある方は
ぜひ行ってみてください。かっこいいっすよー。

kirosan07

uzukubo at 22:00コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2008年06月07日

見積りをしながら

肌に汗ばむ季節となって参りました。日中、車で走り回っているせいで右手と左手の日焼けの度合いが著しく異なってます営業の山本です。

常々そんな外回りを主としている僕ですが実はここ数日、事務所内で就業時間の多くを過ごしています。というのも現在産休中ということで女性スタッフ(設計担当・また復帰後このブログにも登場します(^-^)/)が一人長期休暇に入っているのですが、産休に入るまでに担当してもらっていた物件を引き継いで見積りしたりをやっているからなわけでして・・。
実際のところは着工した後、現場を管理していくことも考えて女性スタッフが産休に入る際には

●お客様との話し合いには営業として常に居合わせていた僕、と
 

●僕だけでは不安だから!というか冷静に考えて僕だけでは悲しいかな絶対に形にならないだろうから光宗さんも


と、二人で協力しながら何とか女性スタッフの産休の穴を埋めてこーぜっ!!ってな感じになったのです。まぁ慣れない作業ながらも大方のプランは出来上がってるわけですし僕も今年で三十歳、お家の見積りの一つや二つ見事にやってみせるワイと意気込んでたものですが、いやはや現実は大変ですね。

お客様のご要望をお聞きしながら、お伺いしているご予算内でなんとか形にできるようにと仕様をセレクト。さてこの工事をいくらでやってくれるか、というよりもむしろいくらでやってもらわな困るんですがといった感じで各協力業者さんと相談。

「いやいやとてもその金額では・・」

「そこを何とか・・」

なんてやりとりを繰り返し繰り返し延々やっていくわけです。
お客様のご予算はもちろん超えてはならないし、かといってご要望をないがしろにして安っぽくしたくもないし。

じゃあこうするか?いやこうすれば?
あっちを立てればこっちが立たず、こっちを立てればあっちが・・・

・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・


あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜めんどくせぇ!!!


基本的に机の前での事務仕事が好きではない僕にはマジでこたえる作業でした(*_*;)
日頃この作業をこなしてくれている事務所スタッフに心から感謝、尊敬です。

お客様に喜んで欲しい、うずくぼに頼んでよかったと心底思って頂けるようにとの願いは職人も含めてうずくぼスタッフ全員が同じように思っていることです。その作業過程の中で間違ってもめんどくさいなんて思うことはあってはいけないことでしょう。それを充分に承知したうえでもそう思ってしまうほどお家一軒を建てるということは多くの材料、多くの人々、多くの会社が係わっていて、それら一つ一つを適切な場所に、適切なタイミングで、適切な費用をかけてプロデュースしていくことは並大抵なことではないなと今回改めて感じました。30にして。


もうすぐそのお客様ともご契約、着工の運びとなります(^o^)
いつもの自分の仕事の範囲より少し深く係われている分だけ、家が出来上がっていく様子を見る僕の見方も違っているような気がして今から楽しみです。
追ってご報告します。





uzukubo at 22:19コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月06日

すでに新しい塀ができかけていた・・・・・・。

9f6dcf02.JPG解体が終わって以来久しぶりに現場に行ってみると、なんと、なんと整然と並んだ縦格子がシンプルラインを描いて、美しい塀ができかけていました。本体工事はというと、増築部分に基礎ができたばかりで次の工事を静かに待っていました。いつもですと外構工事は最終におこなうのですが、今回は庭木の移植のこともあって(時期が悪いと枯れてしまう)塀のほうが先にすすんでいる状態です。前回の人気のない松にとって変わったものといえば、やまぼうし、ヒメシャラ、ヤマモミジetc・・・等ナチュラルで、やさしい感じのするものが好まれています。この塀をみるとそんな木を植えたくなります。○○邸の仮植えされている庭木の紫陽花にもたくさんつぼみがつき、いまにも咲きそうになっています。下草のつわぶきも勢いよく青々とした葉を広げて自分達の出番を待っているようです。その中に行き先のない松が一本残されている姿をみるとなぜか切ない気持ちになります・・・・・・。

uzukubo at 17:00コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール

うずくぼ工房

人気ブログランキングへ
Archives
健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト