2011年06月

2011年06月30日

ファースの歌

立石、5本目

以前、ファース本部の中島幸ちゃんから「ファースの歌」を送ってもらっていたのですが、どうやってブログに載せたらいいのかわからず苦戦しておりました。

ツイッターに書き込みしていたら、ご親切にアドバイスをくださった方がいて、早速トライしてみました

株式会社福地建装 ファースの家


uzukubo at 15:19コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月30日

INAX 全国プランニングコンテスト(続報)

立石、今日はブログ4本目

きっと暇なんです

2008、2009、2010年と3年連続で賞をいただいてきたINAXリフォームキャンペーン 全国プランニングコンテスト

だけど、ネットでどう探してもそんな情報はでておらず、「うずくぼさん毎年勝手に語ってるだけなんやないの??」疑惑もありましたが、INAXさんがやっとページを作ってくれました

今見られるのは、2010年の入賞作品だけですが、7月上旬から2008年、2009年も掲載してくださるそうです
2010

松山の小さな工務店ですが、リフォームの提案力と技術力は全国で高く評価されております

うずくぼ工房では新築のみならず、リフォームの相談も随時受け付けております。
お客様のお家に対する思いをきちんと受け止め、お客様の生活を一番に考えたリフォームをご提案いたします。

どうぞお気軽にお声掛けくださいませ

089−063−3258
info@uzukubo.co.jp

uzukubo at 14:37コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月30日

うずくぼ工房『ファースの家』展示場物語 3回目「コンセプト」

「これぞ!」と惚れ込んだ「ファースの家」を皆様に体感していただきたい
その思いだけで、宿泊することのできる展示場をつくることにした山本社長

その心にあったコンセプトとは??
『懐かしの家』

展示場は"うずくぼ"らしさを表現したいとの思いがつよく、施主であり社長である山本義一が生まれ育った、民家の素朴さやさりげなさをベースに、将来夫婦二人で住みたい家をイメージしてすっきりとコンパクトなレイアウトにまとめました。意匠も木と土と紙をいつくしむかつての日本の民家をモダンにアレンジし、人を暖かく迎え入れてくれる雰囲気がでるように随所に工夫がされています。

また、従来の展示場にみられる一辺通りにただ見て通り過ぎて後に何も残らないという家ではなく、縁側を設け、ちょっと座ってお茶でも飲みながら、のんびり雑談していただけるよう気配りがされ、懐かしさに安堵感と、安らぎを感じ,みちたりた時を過ごしていただければとの思いがつよくこめられた空間になっています。
PA300043

PB210029
P4250030





uzukubo at 14:01コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月30日

iepro【イエプロ】愛媛版

お昼時にアドセンターのイケメン山内くんが、本日発売のiepro【イエプロ】愛媛版を持ってきてくれました

iepro【イエプロ】愛媛版とは、エス・ピー・シー出版の新しい雑誌なのです
b-s-iepro2011

愛媛家づくりのプロ50人
「住む」「暮らし」をデザインする、愛媛の建築家・設計プランナー、建築プランナー、コーディネートプランナー「イエプロ」50人を紹介。完全オーダーメイドであなたの想いをカタチにしてくれる家づくりのパートナーが見つかります。プロローグでは全国的に活躍しているSUEP.の末光弘和さんと末光陽子さん、SUPPOSE DESIGN OFFICEの谷尻誠さんのメッセージも!あなたのまだ知らない「イエプロ」との出会いや、「家をつくる」新しい家づくりの発見がある一冊です。

ということで、うずくぼ工房も載っていますよ

024ページ、PRESENTATION HOUSE 02
075ページ、Professional 10重松憲太郎

ここでお見せすることが出来ないのが残念

もう、事務所みんなでイケメン重松さんのさわやかな笑顔にうっとり

定価840円で好評発売中!!

uzukubo at 13:30コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月30日

You Tube に動画載せれん(?_?) Help me!!

この1カ月くらい、立石悩みまくりです

5月末に買ったスマートフォンには本当にやられました
携帯でできたことがすんなりとできなくて、いろいろダウンロードしたり、設定変えたり、試したり、失敗してデータ消えたり
メールも書きにくいし、みんなからなかなか返事が来ないと心配され
アンドロイドのバージョンアップをしないと解決できないこともあるようで、今は待ちの状態です

スマートフォンは置いといて、
今、興味はYou Tubeへ

ブログにYou Tubeの挿入ボタンがあったので、先週は、四電で過去に放送された、うずくぼ工房の物件を、やっとこさで挿入してみたのでした

そして、より高度なことに挑戦
You Tubeにうちの会社が過去にテレビで紹介された内容をアップロードしちゃろう
と、思ったのですが、それが、.bup .ifop .vob とかの形式なので、アップできない

変換できるフリーソフトをインストールしようかと思いましたが、会社のパソコンに変なウイルスとか入ると困るので、どなたか確かな方法をご存じの方に教えてもらってからにしようと、今日は断念

早野さん、うさぎさん教えてください


その代わりに、今日は、過去の「まっすんの陽あたり良好」の記事をご紹介
1hiatari

2008年10月11日放送 生まれ変わった祖父の家

他にも「まっすんの陽あたり良好」には出ているんですが、2007年分はもうホームページには載っていませんでした

うずくぼ工房のホームページの「おしらせ」の下の方、2007年10月22日の記事に動画が2つ載っていますので、ぜひご覧ください

↑ これらをYou Tubeに載せたいんですよ

uzukubo at 11:44コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月29日

梅雨はいずこへ?

暑いですね〜

じめじめ梅雨空のドカ雨だったのに、梅雨明け間近でしょうか?

南九州が梅雨明けしたようなので、もうすぐでしょうけど..

それにしても暑いですよね。
朝から、27度とか昼に至っては34度くらいは、連日あります。

節電で朝の涼しい時間に出社して、早目の帰宅なんていう企業もありますが、実際朝も涼しくないですもんね..

いつの間にか夏に突入して、昨年のような猛暑になるかもしれませんね。

もうすでに、熱中症で担ぎ込まれる件数が増えているそうです。

気がついた時には、脱水症状なんてことも。

いっそうの節電を叫ばれているこの夏。

体を壊さないように、体調管理も大切ですね。

uzukubo at 11:52コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月24日

松前の現場

松前の長期優良住宅も着々と進行中!

梅雨のため、外部はなかなかですが、
内部の造作はどしどし進んでおります。

RIMG0025

雨のため、外壁の吹付けが・・・

RIMG0004

教える山本さんと聞く福岡君。

脈々と大工魂が引き継がれていきます。フッフッ



uzukubo at 16:39コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月23日

「古民家再生プロジェクト」から番組動画配信中!

今、光宗さんから、古民家再生プロジェクト情報誌「古民家新聞6月号」を見せてもらいました。

載ってるやん

『古民家再生プロジェクト』ホームページから過去にテレビで放送した番組の動画が配信されているんです





光宗さんも出てます

見てね〜

uzukubo at 14:28コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月23日

うずくぼ工房『ファースの家』展示場物語 2回目「2代目寿仁!」

2回目は「2代目寿仁

社長が「ファースの家」に陶酔していたころ、社長の次男の寿仁氏は関東の大学3年生でした。

お客様やスタッフへの責任として、弊社の存続と後継のことが、社長の年来の懸案でした。
とってもとっても社長は悩んでいました。
2000年1月1日にFASグループに加盟したものの、さて、今後どうしていくべきか

すると、そんな悩んでいる社長の姿を見て、次男の寿仁氏が社長の後を継ぐことを自ら選んでくれたのです
画像 173

そして、社長は一大決心をしたのです

「ファースの家」の自社展示場を建てるぞ

でも、10年前に一工務店が、自社展示場を建てることには「ファース本部」福地社長が猛反対したそうなんです。

だけど、社長の意思は固かった

「これぞ!」と惚れ込んだ「ファースの家」を皆様に体感していただきたい
その思いだけで、宿泊することのできる展示場をつくることにしたのです
100_02

だって、いくら口で説明したってこの「ファースの家」の快適さは伝わりませんもの

もう誰も社長のことを止められない

                                つづく



さてさて、7月31日(日)は展示場オープン10周年イベント開催予定です
今、いろいろと案を練っているところです。
しかし、イベントのタイトルがまだ決まらない
とことん住まい考座も開催したいなあいや、開催します

内容が決まり次第、ブログやホームページでお知らせいたしますので、ぜひ、お時間を作ってお越しくださいませ。

皆さまにお会いできますことを、スタッフ一同楽しみにいたしております。
みんな



uzukubo at 14:12コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月21日

久しぶりの晴れ間

今年の梅雨は、ほんとに雨が多いですね。

乾く間もなく、次の雨が降るので土砂崩れなども発生しています。

日頃、水の少ない1級河川の重信川も泥水がかなり流れています。

昨夜も雷が鳴ったりして、激しい雨が降ってました。
今朝からは小休止なのか、少しずつお天気回復..
とはいうものの、まだまだ油断はできません。

中途半端なお天気になったもので、午後からはムシ暑くなっちゃいました

東北地方は今日梅雨入りしたそうです。

必要な雨ですが、被災地に更なる被害がでないことを祈るばかりです

四国地方は例年よりも早く梅雨入りしたので、梅雨明けも早い..?かな?

次は暑い夏が待ってます

7月31日は、展示場の10周年記念のイベントを予定しています。
FASの快適さをぜひ体感していただきたいと思います。

uzukubo at 16:02コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月17日

7月31日(日)は展示場オープン10周年イベント開催予定!!

7月31日(日)は展示場オープン10周年イベント開催予定です

今週からイベントまでの間は、社長の「ファースの家」への思いや、「展示場」にこめた思い、「展示場ができあがるまでの歩み」などを取材して、ブログで紹介いたします。
100_02


まず、1回目は「社長と『ファースの家』との出合い」

1999年、とある取引業者から高気密・高断熱を追求する『ファースの家』を紹介されました。
在来工法でありながら、家中の温度や湿度をコントロールするという発想
「冬暖かくて、夏涼しくて、梅雨さわやかな家」と聞かされても「ホントに」って思いますよね。
そして、当時は東京にしか『ファースの家』の展示場はなかった時代。
だけれども、社長は自分の目で確かめにいざ東京へ
1999年7月3日のことです。
すごい行動力ですよね

いざ『ファースの家』東京展示場に入ってみたのですが、えらい静か??
実は展示場を守っているファース本部の福地智専務は、その時お昼寝中
あわてて2階からスーツの上着を着ながら降りてきたのです。
衝撃の出会い

「仕事中に昼寝とは」と思うよりも何よりも、
社長の心は『ファースの家』のあまりの快適さにビックリ
夏だというのに、なんという心地よい涼しさ
当時はどの展示場に行っても、高気密高断熱で全室にエアコンがついていて、ガンガンに冷やしているのが当たり前という時代!!(今もそういう展示場が多いですけど)
住む人の快適性を考えた仕組みを知れば知るほど、そして自らが体感してみて、「これからはファースだ!!」と惚れ込んだのです

そして、ついに翌年2000年1月1日にFASグループに加盟
faslogo

                                 つづく












uzukubo at 10:30コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月14日

ドリームジャンボ宝くじ

昼休み中、テレビを見ていたら急に中継が..

あ〜宝くじの抽選だぁ〜

いつもは、買わなきゃ当たらないということでとりあえず参加をしていたのですが、今回は何やかやです〜っかり記憶から消えておりました。

要するに買ってないのですが..

日本中のだれかには、当たっているんですよね。

大きな宝くじは別として、数年前からは銀行のATMでも、ロトシックスや、ナンバーズも1口から購入ができるようになりましたよね。

何回かしょぼ〜く購入したこともあります。

当たったら自分の口座へ入金があるはずなのですが、まだ確認できたことないです..

まさかの確率を期待して、一度でいいからびっくりしてみたいものです。

ドリームジャンボ、皆さんの結果はいかに..?

uzukubo at 16:50コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月09日

うずくぼ工房の平均年齢は??^_^;

先日、ふとしたことから、うずくぼ工房事務所で歳の話になりました。

多分、「社長が40歳になった時は平均年齢が32〜3歳だった」という話に。。。

そして、それから計算が始まりました

勤続年数の長い人から、(年齢などは今年末の)
社長 60歳
大工の森さん 54歳(勤続25年以上)
大工の山本さん 42歳(勤続20年以上)
大工の丸山さん 33歳(勤続15年)
デザインの光宗さん (勤続14年)
経理の藤渕さん (勤続10年)
設計の立石 (勤続10年内産休育休1.5年)
大工の河野さん 61歳(勤続9年)
専務 33歳 (勤続8年)
設計の重松さん 37歳(勤続6年)
大工の福岡くん 27歳(勤続6年)
みんな

合計495歳 ÷ 11 = 45歳

かろうじて、私・立石は平均年齢を下げておりました

しかし、みんな勤続年数長いですよね〜

社長も「うずくぼ工房物語」の中で、「勤続年数の長いスタッフも多く、家族と同じくらい見慣れた顔には、しみじみと感謝の思いがこみ上げます。」と書いてくださっております

私的には、ちょうど10年前の平成13年4月に完成・オープンいたしました弊社の「ファースの家」性能展示場の工事以前か以降かが、うずくぼを語る上での区切りになるように思います。

藤渕さんまでが以前組。
私・立石からが以降組。

社長の話にはよく、この展示場を作ったころのエピソードがでてくるのですが、私にはまったくわからぬお話で、「へ〜」という感じ。
例えれば、バブルを知っている世代と、知らない世代くらいの差ですね

少しでも社長の思いに近づきたい

7月31日(日)は展示場オープン10周年イベント開催予定です
101_05

ということで、来週からイベントまでの間は、社長の「ファースの家」への思いや、「展示場」にこめた思い、「展示場ができあがるまでの歩み」などを取材して、ブログで紹介したいと思っております

uzukubo at 10:06コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月07日

ご来場ありがとうございました。

6月4日(土)に伊予郡松前町で、長期優良住宅の構造見学会が行われました。

この梅雨時なので、若干のお天気の心配もあったのですが、朝からサンサンといいお天気で、暑いくらいでした。

同じ松前町のOB様も訪ねてこられたり、ご検討中のお客さまも来られたりで、終日にぎやかでした

完成後では見ることのできない部分に興味津津..

ご覧になった方はラッキー

1日限りではありましたが、たくさんの方にご来場いただき、感謝いたします。

また次回、弊社のイベント、見学会にはぜひお越しくださいませ。

uzukubo at 18:11コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年06月03日

夏場を迎える節電について

うずくぼ工房で自信を持ってお勧めしている「ファースの家」!

そのファースニュースから節電ネタをご紹介

 夏場を迎える節電について

 「ファースの家」の現況は
東日本大震災の影響による夏場の電力不足はとても深刻な状態になります。東京電力や東北電力管内では、交通機関や病院などを除き一般家庭に15%の節電目標が求められています。消費者は電力会社と使用契約を行っており、その契約者の平均消費電力が基本となります。
その平均量の15%を節電して下さいと言う事です。 「ファースの家」で、夏場の電力負荷が大きい東京電力管内に建築し、住んでいるユーザー様の使用電力量を調査しました。そのデータによると東京電力管内の同じ契約容量の家庭の平均電力使用料に比べ約70%の使用量となっていました。つまり、 既に30%もの節電をしている事になります。この「ファースの家」は、夏場前の6月から、残暑の終わる9月いっぱいまで、エアコンを止めることなく連続稼働した状態です。節電と思ってエアコンの電源を入り切りすると、むしろ使用電力量が多くなる事が確認されています。これは、家の性能とエアコンのAPF(通年エネルギー消費効率)がフィットしているからです。

 一般の家と区別して考える
「ファースの家」のように、一般の家と同じような使用法をとれば膨大な消費電力となります。一般の家では、やはりエアコンの上手な使い方が求められます。
節電に関しては色々な報道がされておりますが、国(資源エネルギー庁)から発表されている「家庭の節電対策メニュー」では、あくまでも【無理のない範囲で節電しましょう】ということです。
一般の家では、室温28℃を心がける。「すだれ」や「よしず」などで窓からの日差しを和らげる。無理のない範囲でエアコンを消して扇風機を使う。
エアコンの除湿運転はむしろ電力負荷が多くなる。エアコンのフィルターは、定期的(2週間に1回程度)に掃除するなどとされております。一方、過度な節電で熱中症などにならないように注意するよう喚起されています。


 ファースの家」をより省エネで使用するには

エネ・エコ住宅「ファースの家」では、普通どおりに生活する事でも十分な節電になっております。それでも工夫しだいではもっと多くの省エネをはかる事が出来ます。例えば、東西部分、南部分の窓には、日射を遮るカーテンを取り付けると効果的です。
本当は「すだれ」や「よしず」のように外部で日射を遮るのがより効果的なのですが、取り外しや風害対応が面倒です。カーテンは、外側が出来るだけ白っぽい(出来ればシルバー)色で、日射熱を跳ね返すタイプのものが最適です。
「ファースの家」においても設定温度を更に1度上げて29℃にして、必要に応じて扇風機を入り切りする方法もあります。
「ファースの家」は、夏場の湿度が一般の家より15%ほど相対湿度が低くなっており、室内の空気を掻き混ぜるだけでかなりの清涼感が得られますので試してみてください。

 電機機器は頻繁に入り切りを

廊下のダウンライトなどに使用されている60Wの電灯を一ケ月間、点けっ放しにしておくとその電灯一個だけで、電気量が約1,000円になります。
現在、空港や駅などの照明を節電のために半分くらいに落としておりますが、それだけでかなりの節電になっているのです。照明の暗さは慣れるとそんなに苦になりません。エアコンを止めると熱中症を心配しなければなりませんが、照明機器を出来るだけ少ない量で賄うべきです。
冷蔵庫の頻繁な開け閉めとモノの入れ過ぎはかなりの電力負荷となります。
また多くの電化製品は、スイッチオンで直ぐに立ち上がるよう、待機電力を消費しているものです。使用しない時はコンセントから抜き取る事を習慣づける事も節電に貢献します。
この夏の電力不足は東京電力と東北電力圏内に限った事ではありません。
中部電力の浜岡原発の停止では、西日本圏内の電力の融通が極めて限定的となり、電力不足が全国的な課題となりまました。
全国展開のファース・グループは、率先して節電を図って参りましょう。


uzukubo at 09:47コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 
livedoor プロフィール

うずくぼ工房

人気ブログランキングへ
Archives
健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト