2011年09月

2011年09月29日

土壁!

先週に引き続き、築140年のお宅にある、納屋の改装中!
P9080001

内部の間仕切りを変えて、トラクターがドンと中まで入れる車庫に変身しました
IMG_1000


そして、先週はまだ小舞竹のままだった納屋ですが、今日は土壁も塗られていました。
ただいま乾燥中
IMG_1012


納屋の横には新しく”工房”が増築されます。
IMG_1003

この”栂”の階段は、工房から納屋の小屋裏へつづきます。
IMG_1004

広々

帰りにクラフトの里で社長にマロン味のアイスクリームを買ってもらいました。
本当においしかったです
また来週もよろしくお願いします。
アイスクリーム大好き立石でした



uzukubo at 16:24コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年09月27日

いも炊き会をしました。

先週末、夕方6時ころからいも炊き会をしました。

今回は、昔々イベントで使っていたという大きな鉄製の鍋が復活!

何日か前から社長が持ち出して、さびさびのお鍋を福岡君がグラインダーで磨き、さび落としをしておりました。

その後、何度か油を塗ったりして、水を沸かしてさびを浮き上がらせ、の工程を繰り返し、見事復活!!

あまりにも大きくて、どのくらいの量を作ればいいのか..?

なんとか作り、みんなでおなかいっぱい食べたのでした。
最終大人18人ほどになりましたが、余るくらいで..

週明けて、社長が小さいお鍋に入れ替えていたのを、またお昼に食したのでした。

また来年、出番があるのでしょうか?

uzukubo at 15:40コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年09月22日

母屋は築140年!!納屋を片付けてみたら?!

うずくぼ工房では平成9年に当時築126年の民家を改装工事させていただきました。
slide0006_image022

slide0006_image017
slide0006_image020


あれから14年。中学生だった息子さんも今では陶芸家
そして、この家も築140年に。
歴史を重ねていても古さを感じることなく、いつ訪れてもドキドキ美しい家なのです

そちらのお家にある納屋を現在改装中なのです
P9080001

改装するにあたって、まずは納屋の中を空っぽにしなければ
息子さんが毎週仕事の合間をみては一生懸命お片付けを

そして、すごいものを発見
20110915113801

火縄銃
「持ってても大丈夫なんですかね?銃刀法違反とかなるんでしょうか?」

そんな会話もしつつ、お父様が大切に保管を
この写真は、私・立石から「火縄銃が出てきた!」という話を聞いた、うちのお茶目な社長が、わざわざ見せてもらいに行って撮らせていただいたもの

他にも古い農機具やら蓑やら、歴史を感じる道具を出すたびに、作業の手がとまり、お父様に相談しながら、やっとのことで空っぽに

そして、現在、内部の間仕切りを変更して、半分を農業用倉庫に。
IMG_0992


残り半分を陶芸の焼成室へ。
IMG_0986


IMG_0993


土壁の土が落ちてしまっているところは、小舞竹も補修して、土を塗ります。

お施主様は、この土の上に仕上げ(漆喰など)を塗ったり、板を張ったりすると「工事した!」という満足感が持てるので、仕上げをしたいとおっしゃったのですが、
「このままがいいんですよ」と社長。

私もそう思います。

そして、工事はまだまだつづくのでした



uzukubo at 14:41コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年09月20日

またまた台風

またしても台風がやってきています。

朝のうちは、まぁそこそこの降り方だったのですが、午後から一気に雨が降り始めました。そして、少しずつ風も..

前回の台風の被害から、間もない時期に追い打ちをかけるようにやってきていて、どんなことになるのか心配は尽きないですね。

土砂崩れダムのあったりする被災地では、何とか降雨がぎりぎりでも少なくて、更なる被害が少ないことを祈るばかりです。


uzukubo at 15:27コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年09月15日

みんな考えていることは同じですね^_^;

さあ、ブログを書こう!!

と思い、昨日書かれたブログを見てみたら、 「残暑厳しいですね。」

私・立石もそう思っていたんですよ〜

そして、その前に、こんなもの作ってました
展示場ハガキ2001秋

今日、お客様に発送するハガキです

まだ暑さが残る時期に、 「ファースの家」性能展示場で「夏の快適」を体感するのは、実は「あなた自身のため」なのです。

「ファースの家」で毎日生活すると、あなたの暮らしが今と比べてどんなに変わるのか、想像できないでしょ?

だから、体感してみましょう


展示場にはスタッフが常駐しておりません。
恐れ入りますが、お越しくださる1時間くらい前には、お電話をいただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

089−963−3258
090−1105−3753(山本としひと)



uzukubo at 15:05コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年09月14日

残暑厳しいですね。

美しい中秋の名月は、ご覧になりましたか?

すっかり秋気分になろうと思いつつも、日中はお日様ギラギラ状態です。

節電を考えつつ、でも日中暑くてエアコンに頼らざるをえません。

さすがに朝晩は、だいぶ涼しくなりましたが..

まだまだファースの家展示場は快適空間です。

前にも書きましたが、暑い時期の体感ができるのは、残りわずかの期間になります。

ぜひこの時期にお越しくださいませ。

常駐はしておりませんので、まずはお問い合わせくださいね。


uzukubo at 11:25コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月12日

大工さんのブログ・森さん編

大工さんのブログ、先月はちょっと夏休みをいただいてました。
決して忘れていたわけでは..

今日は中秋の名月
すすきとお団子で、美しい満月をめでてみては..?

彼岸花も田んぼの畦に咲き始めていたり、残暑は厳しいものの、着実に秋へと季節は移っています。


それではお待たせいたしました。



自分ごとですが、4月に母を8月に父を亡くして、ほんとうに目まぐるしい日々でした。

でも家族を養うためには、仕事を最優先していかなくてはなりません。

どんなに忙しくても、するべき仕事は、きっちりやって行こうと思います。
のちに、回り回って会社にも自分にもプラスになって帰ってくると思います。   森 金治  



uzukubo at 13:33コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年09月09日

築100年の大改装-

改装中の現場も着々と工事進行中であります。
現在の状況は

RIMG0034

天井の下地組みも終わり、
その下で佇む男が一人・・・。

RIMG0036

老眼鏡?をかけて頑張る棟梁河野!

RIMG0035

長い廊下の抜けがたまらん!!!

だんだんと間仕切りもできてきました。
完成のイメージもだいぶつかめるようになり
(最初から私はつかんでますが・・・なんせ1級建築士ですから、フッフッ。)
ますます楽しくなっております。

uzukubo at 16:14コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月09日

うずくぼ工房「ファースの家」展示場物語 7回目

展示場

ついに、やっと完結

前回はエアライトの吹き付けまででしたが、今回はその後を全部お届けします

断熱材の吹き付けが終わると、後は造作工事です。
0011

「ファースの家」だからといって、造作工事に特別なことはないんですよ。

「ファースの家」は断熱性・気密性の高いエアライト吹き付けで魔法瓶のようにしっかりと包まれているので、熱交換式換気扇(24時間自動換気システム)により、外気を天井裏から室温に近付けて取り入れ、外壁内の通気層を上昇しながら家全体を循環し、屋内の空気をキレイに保ちます。
なので、重要なのは「通気層」

そこさえしっかり確保できれば、デザインや間取り、使う素材などはあなたの思いのまま、自由なのです

たとえば、お風呂

みなさんはシステムバスとかユニットバスを想像されるのでは??

でも、山本社長こだわりの、うずくぼ工房「ファースの家」展示場にシステムバスは似合わない

湿式工法(昔ながらのタイルや石を用いた工法)でなければならない

山本社長は考えました。。。通気層。。。。。。。。。。
0013

お風呂の床下にまでしっかりと通気層を確保し、その上に防水工事をおこない浴槽を設けています。

石張りのお風呂なのに、冬、お風呂に入っても足がひやっとしないのは、床下に暖かい空気が循環していて、石を輻射熱で暖めているから。

うずくぼ工房はデザインだけ重視しているわけじゃないのでした

限られたお金で何を優先するのかはお客様の判断されるところになりますが、長く住む家なのですから、流行やマニュアル本などに左右されてちゃ、もったいない

「ファースの家」という性能+無駄がなく、どこか懐かしい、帰りたくなる家

まずは、うずくぼ工房「ファースの家」性能展示場を見て、体感しなきゃ、後悔しますよ〜本当に
101_05

100_01

102_06
この板間のリビングと和室は間仕切り障子を壁内に引き込みことができるので、広い空間として使うことができます。
102_07
庭の野草が似合う洗面所。洗面ボールはどうしても砥部焼を使いたいとの思いから窯元の友人にオリジナルのボールを創ってもらいました。収納もたくさんできるように工夫されています。
102_08
こだわりのお風呂。
103_12

103_13


お問い合わせは
 089−963−3258
 090−1105−3753
 info@uzukubo.co.jp

uzukubo at 10:27コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年09月08日

秋です!運動会!祭です!

9月4日日曜日、「台風が来ているし、運動会できるかな??」と心配していましたが、朝、予定通り行われるという放送がなっていて、張りきって出かけました

放送といっても、我が家(立石家)はファースの家なので、家の中にいると全く聞こえません

放送の気配を感じて、音つつぬけの実家にして教えてもらいました。

小野校区体育祭

小学生のころはリレーで参加したことがあったのですが、中学生からは疎遠に。。。
今年度は組長をしているので、「参加しませんか?」とお声がかかり、30年ぶりの参加

天候が不安定なため、時間短縮、午後からの決勝なし、午前のタイム一発勝負になりました。

私が参加した競技はプログラム1番の「アベックリレー
主人と2人で参加予定だったのですが、主人は体調が悪くキャンセル。
よそのご主人さまと二人三脚で走りました
うちの主人よりも男前で若くてやさしくて癒されました

その後は参加する競技もなく、子供たちと遊具で戯れながら、競技を見学

小・中学生を持つ親の参加が多いんでしょうね。
同級生や昔不良でカッコよくてあこがれていた先輩が真剣に走る姿にビックリ
すっかり変わってしまった姿にも年月を感じびっくり

そして、翌日の筋肉痛にもビックリ
腕が痛いのはアベックリレーで肩を組んで走ったからなんでしょうね。
たった200メートル弱を走っただけなのに

13年前に一緒に駅伝を走っていた女性とも再会したのですが、彼女は相変わらず元気で、フィットネスクラブで走っていると言っていました。現役は引退して現在監督

また一緒に走ろうと誘われて、ちょっぴりその気になっていたのですが、あの筋肉痛で「私には無理」と思いましたね。
やはり、継続は力なり。

急に何かを始めてもしんどいだけなので、あまり体に負荷がかかりすぎないことを、毎日コツコツ続けることが大切なんでしょうね。中年には。

10月1日には子供の保育園の運動会があります
子供たちは毎日練習を楽しんでいる様子。

私も保護者競技の「つなひき」頑張ります


運動会が終わると次は地方祭。
今年も小野桜会で女神輿に参加しますわくわくします

uzukubo at 09:58コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年09月06日

台風一過

台風12号の影響はどうだったでしょうか?

ゆっくりとした速さで進んだため、長時間にわたっての風雨でした。
各地で、土砂くずれや河川の氾濫など大変な被害がありました。

そんな中でも、比較的松山近辺は被害が少なかったように感じます。

今までの暑い空気が吹き飛ばされて、一気に涼しい秋の気配。

日中も日差しはまだまだきついものの、
吹いていく風はさわやか〜

朝晩もとてもしのぎやすくなった感じです。

でもまだまだ暑い日はあるはずです。

暑い時期のファースの展示場の体感は、ラストスパート
今ならまだ、体感できますよ〜

快適さを体感するなら、今がラストチャンス!

ぜひぜひお越しくださいませ。
常時は開いてませんので、お電話してからお願いします。

uzukubo at 16:21コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年09月01日

古民家新聞8月号

古民家新聞8月号に、うずくぼ工房で再生工事を行った松山市のK様邸が掲載されております
古民家新聞

古民家新聞とは四国電力の「古民家再生プロジェクト」の情報誌です。

南予ではスーパー、コンビニ、ドラッグストア、道の駅などあらゆる施設にフリーペーパーとして配布してあるそうです。

南予にドライブに行かれたおりにはぜひ手にとって見てくださいね


uzukubo at 15:21コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 

2011年09月01日

進化しつづけるファースの家!!

ファース本部の中島幸さんから届いた最新のメルマガからすごい記事を紹介します
北海道新聞(平成23年8月30日)

建築基準法では換気回数が0.5回/h以上と義務付けられています。
これは「部屋の汚れた空気を2時間で1回、外の空気と入れ替えなさい」という意味です。

シックハウスを防ぐ意味では必要なのですが、夏であればせっかくエアコンで冷えた空気を2時間で1回、外の暑い空気と入れ替えているということなのです。もったいない

ファース本部は、必要以上の換気は貴重なエネルギーを排出していることになり、省エネ・節電のためにも、このヒートロスを抑制させる研究開発をずっと行っておりました。

そして

「ファースの家」の床下に散布されるスカットールという調湿材に光触媒機能を付与、LEDにより可視光線で光触媒スカットールに吸着したホルムアルデヒドを分解させるシステムを組み込んだ「ファースの家」を全国に普及展開し、数年内に換気回数緩和に係る国土交通大臣認定(換気認定)を取得することを目指しています

つまり

光触媒スカットールがホルムアルデヒドを分解するので、建築基準法の基準よりも換気量をグ〜ンと減らすことができるのです4割カットですよ

ということは、冷房で冷えた空気、暖房で温めた空気を換気で捨てる量もグ〜ンと減らせるのです

これによって、もともと省エネの「ファースの家」がさらにさらに省エネに

すごい


ちなみに、「ファースの家」の立石家の8月の電気代は13000円でした。
オール電化なので、「すべての光熱費+小屋裏エアコン1台24時間連続運転」の費用です。
エアコン設定温度28℃。家中室温26.5〜27℃で過ごしています。

これって高いですか??

異議のある方は、うずくぼ工房「ファースの家」性能展示場までお越しください!
「ファースの家」これって有り?ご自身でご体感くださいませ。

常駐しておりませんので、まずはお電話を。
089−963−3258

uzukubo at 14:28コメント(0)トラックバック(0) 
うずくぼ日記 
livedoor プロフィール

うずくぼ工房

人気ブログランキングへ
Archives
健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト