2008年07月04日

地盤調査

先日、建築予定の敷地にて「地盤調査」を行いました。
P6270006
写真は「スウェーデン式サウンディング試験」という工法により調査しています。
この調査方法は、ロッド先端にスクリューポイントと呼ばれる器具を付けてロッドに荷重をかけていきます。荷重が100Kgに達しても貫入しない場合はさらに回転を加えることによって回転数を確認していきます。
このときの沈下量や荷重量、回転数を記録し、地盤面下の状況を判断します。

地盤の支持力、土質、沈下の可能性、改良の有無、基礎形状など建物を建てるにあたっての地盤状況が把握でき、一般住宅の地盤調査では最も普及している工法です。

耐震、免震、制震など現在の建築物は、地震対策への技術が多数存在します。
これらの優れた技術によって地震に強い家を作ることは比較的容易に行うことができます。しかし建物がのる地盤への対策がしっかりと行われていないと上物をどんなに補強しても無意味だと言えます。

まずは地盤、しっかりとした調査をおこないましょう!
地盤万歳!万歳地盤!土地の神様よろしくね

あっ、梅雨明けしました・・・・。 しげまつ

uzukubo at 18:42コメント(0) トラックバック(0)  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

うずくぼ工房

人気ブログランキングへ
Archives
健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト