断熱

2012年01月06日

「ファースの家」ユーザーのお正月外泊体験記!!

ファース本部の中島幸ちゃんから今年最初のメルマガが届きましたので、ご紹介します


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆-

新年最初のメルマガは私と主人の体験記です。

この年末、私と主人と柴犬で大阪の実家に帰省しました。
私の実家は、「大阪のチベット」と言われる程極寒です。
※外気温と室内が同じ気温だと言う意味です。

まぁ〜、寒いのを覚悟していたのである程度は耐えられましたが
問題は兄宅・・・。

今回、主人も一緒だったので兄宅に泊めてもらったんです。
で、 寝る部屋はデロンギを入れてくれていたので
あったかポカポカ。

私コレに油断していましまた。。。

夜中目が覚めて、トイレに行って水を飲みに行こうとした時・・・
ついつい「ファースの家」の癖で、裸足にTシャツで部屋を出てしまったおバカな夫婦。。。

床が、つめたーーーーーーーーーい!!!!!
そして、さむーーーーーーーーーいぃぃぃぃぃ!!!

二人でガタガタと震えてしまいました。
その震えっぷりと言ったら・・・
手に持っていたコップの水がこぼれそうになるほどでした。

実家に泊まる時は、寝る部屋自体が寒いので覚悟を
決めてから起きだすのですが、今回の兄宅は
部屋があったかいので油断していました。

ちなみに、兄宅は10年前の建売住宅。
当然断熱気密は・・・。ご想像通りです。
デロンギで部屋が暖かいって言っても、
冬用の掛布団に毛布が必須でしたよ。

大阪から千葉の自宅に戻った、主人の一言
「 トイレがあったかいってイイよね〜 」
でした。
ファースの家」に住んで、丸3年。
「ファースの家」が当たり前になっていた主人に
「ファースの家」のスゴサを再認識してもらえた年末年始でした。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆-

うずくぼ工房には「ファースの家」性能展示場がございます。
場所は伊予郡砥部町。
いつでも「ファースの家」の快適さを体感することができます。
101_05

寒くてお外に出たくない時こそ、「ファースの家」のすごさを実感していただけます

スタッフは常駐しておりませんので、ご来場の前には必ず、お電話くださいますよう、よろしくお願いいたします。
089−963−3258

uzukubo at 15:17コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月16日

ここまでできる大改修!完成しました!

築130年の古民家と、築60年の民家が、この程長期の工事を終え、完成致しました。

築130年のお家は、昨年の9月14日から解体をはじめ、約8ヶ月の工事・・・・

築60年のお家は、昨年の10月29日から解体をはじめ、約7ヶ月の工事・・・・

2物件とも使える梁組、柱は残して、基礎の補強から全てやり替えるという大改修!

栗原邸 034


栗原邸 028


栗原邸 010



栗原邸 002



画像 011



画像 004



順調に進んでいた工事ですが、昨年の暮れからの断熱材不足で、おもうように進まないこともありました

が、何とかお施主様にもご協力いただき、乗り切ることができました。

これで完成まで一気に進めると思っていたのですが、災いは予期せぬところからやってきました。

そうです、あの3月11日の大震災です。だれが悪いわけでもありませんが、発注していた物が入って

きません。新たに発注した物の納期さえ出ない状態!

じっと耐えるしかありません

4月中ごろまでは、とても不安な毎日でした。被災された方のことをおもえば、やはり耐えるしかありません。

そんなこんなしてすこしづつ明るい兆しがみえ、やっと完成!

通常ではありえない出来事を乗り切って完成した2物件ですので、是非見学にお越しください

築130年の古民家大改修は5月21日(土)10:00〜18:00まで、松山市別府町(アイテム愛媛南側)

築60年の民家大改修は5月22日(日)10:00〜18:00まで、松前町徳丸(ひめライス・JA全農近く)です。

画像 023


画像 006


うずくぼ工房の古民家再生術が随所に見られます。物件担当光宗でした。

uzukubo at 16:04コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール

うずくぼ工房

人気ブログランキングへ
Archives
健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト