2018年01月14日

父のメガネ

新春一発目の父の介護編

三が日を過ぎ、もともと乱視のある父

年末から「最近メガネをかけてもみえにくくなった」とぼやいていた。

そして何代目かのメガネを弟(元メガネ関係)の職場でつくった

それが、40代前後に父がかけてたメガネ

なぜか市営プールに連れてってもらった幼いころを思い出した

けっこう、それが呼び水となって、昔のいろんな画像が頭に浮かんできた

なにげないアイテムって、急激にそのころへ巻き戻されるrecボタンみたい

不思議だね




uzumakihari at 09:32|Permalink

2018年01月04日

新年の抱負

年末年始は親戚勢ぞろい

幼児から中学三年生まで、総勢7名

揃いも揃った

とにかく伯母の立場でお年玉

お年玉の袋を配ったあと

虚無感に襲われる

ま〜、全国で独身で甥っ子姪っ子がいる皆様

ちょっと財布は極寒だが、

かわいいからゆるす!!

よね



uzumakihari at 16:58|Permalink

2017年12月17日

親の介護

肉親の介護をしている人ならわかると思う

他人様の介護より、肉親の介護の方が何倍も難しい

こちらが少々調子が悪い場合でもに他人様ならキョリ感を保って適切に対処できるが

家族相手だと、キョリが近いぶん、ときには粗雑な対応

酒好きの父は三度のご飯よりお酒が欲しい

下手すれば、ご飯なくても安酒一升で一日過ごすことも平気

う〜ん、70才後半なら、もう好きなだけ飲ませてもいいんじゃない?

という意見もある

しかし、へべれけに酔った挙句、トイレで大惨事(

後始末する側はたまったもんじゃありません

でも、まぁ、遠い昔には、オムツ替えてもらったり、お風呂入れてもらった父である

まぁ、子産んでない私の、ささやかな恩返し

その節はお世話さまでした






uzumakihari at 15:57|Permalink

2017年12月14日

父と買い物

父の口から、「買い物行こう」

まさしく青天の霹靂

父から外出のお誘いなんてもう10年ぶりくらいなのだマジ

しかし、嬉しさは150%

あのひきこもりジジイがw(゚o゚)w オオー!

父と娘の二人で買出しに行くなんて、母が死ぬ前から5年以上ぶり

かみさまさんきゅ〜あいしてま〜す

近くの直売所でとれたて地物野菜を買った

む〜む〜む〜(うれしさで一人テンションあがってる)

晴れの天気に感謝

きっと天国の母もにやけてる

こんなことってあるんだな〜

神様って雲の上じゃなくて、となりに「いる」

さ、地物の芋をふかそうっと



uzumakihari at 12:38|Permalink

2017年11月30日

自分を受け入れる

「受容=受け入れて取り込む」

電子辞書ではそう出てきた。

ここ3年くらい、周期的に「すべてが嫌になる」日がやってくる。

たまらなく自分も嫌い、周りのすべてが嫌い、

生きてるのが嫌。

すべてに拒否感しかない日。

でも冷静に考えると、

そういう「拒否感を持ってること」について自分は拒否してないのだ

ただ「嫌だ」って言い放つだけでもかまわない

「〜が嫌い」「〜がいやだ」

声に出してみる

すべてが嫌になることを自分に許す

もうどんな自分も受け入れることに決めた

他人に好かれる自分じゃなく

評価はまったくされなくても、スルーされても

ただ、どんな自分も受け入れる


uzumakihari at 10:24|Permalink