節分に丸かじりする縁起物の太巻きずし「招福巻」を商標登録し販売している老舗すし店「小鯛雀鮨鮨萬」(大阪市西区)が、流通大手イオンを相手に「十二単(ひとえ)の招福巻」の商品名の使用差し止めと2300万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は22日、使用差し止めを命じた大阪地裁判決を取り消し、原告側の請求を棄却した。
 塩月秀平裁判長は、「招福巻」の商品名は極めて多くのスーパーなどで用いられ、「招福」の語が広辞苑などの辞書に収録されていることを指摘。「招福巻」は遅くとも2005年には普通名称となっていたと認定した。
 一方、小鯛雀鮨鮨萬が登録商標だとして警告し始めたのは07年とし、その時点までに登録商標と周知されていたとは認められないと判断した。 

【関連ニュース】
「堂島ロール」販売会社を提訴=商標権侵害と、神戸の大手製菓
「笑笑」そっくりの看板で営業=居酒屋経営者を書類送検
もらった特許手数料を不納=弁理士に業務禁止処分

<喜多方市長選>山口信也氏が初当選(毎日新聞)
首相動静(1月25日)(時事通信)
店員は柔道経験者…客も連携、コンビニ強盗を逮捕(産経新聞)
1票の格差2倍超、広島高裁も違憲判決(読売新聞)
入院患者の身体拘束 病院の措置は「合法」 患者側逆転敗訴 最高裁判決(産経新聞)