衆院予算委員会は9日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して2010年度予算案の基本的質疑を続行した。岡田克也外相は、日米間の核持ち込みなどの「密約」問題を検証している有識者委員会の調査について、「3月のしかるべきときに結果が出ることを期待している」と述べた。民主党の平岡秀夫氏への答弁。
 有識者委は当初1月中に、その後は2月下旬に報告書をまとめるとしていた。さらにずれ込む理由について、岡田氏は「外務省だけの見解を述べるより、第三者によって事実をどう解釈するか、どういう時代背景でこうなったかも合わせてまとめたい」と説明した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

雑記帳 「還暦ジーンズ」を発売 10年間の品質保証付き(毎日新聞)
虚偽申請や検査妨害で訪問介護事業所の指定取り消し―岡山(医療介護CBニュース)
首相動静(2月11日)(時事通信)
源純夏氏が自民公募に応募…参院選徳島選挙区(スポーツ報知)
政治資金規正法改正に意欲=首相(時事通信)