反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の活動家の男が先月、南極海で日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入した事件で、第3管区海上保安本部東京海上保安部は12日、艦船侵入容疑で、東京港に入港した同船内で男を逮捕した。別の船で同保安部のある東京都江東区内の庁舎に男の身柄を移送、一連の調査捕鯨妨害についても調べる。
 海上保安庁や水産庁によると、男はSSの小型高速船「アディ・ギル(AG)号」(ニュージーランド船籍)船長で同国籍のピート・ベスーン容疑者(44)。
 逮捕容疑は、先月15日午前9時ごろ、南極海を航行中の第2昭南丸に水上バイクで近づき、船内に侵入した疑い。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】米アカデミー賞
〔写真ニュース〕シー・シェパードのベスーン船長
〔写真ニュース〕反捕鯨団体の活動家を逮捕へ=海保
〔写真特集〕調査捕鯨

山内衆院議員の元秘書再逮捕へ=融資名目で4000万詐取容疑-警視庁(時事通信)
愛子さま、登校に依然不安=学校では温かく迎える-東宮大夫(時事通信)
<北教組献金>小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検(毎日新聞)
<診療報酬詐取>元院長に懲役6年6月判決…地裁沼津支部(毎日新聞)
SS身柄引き渡しに官房長官「司法が適切に判断」(産経新聞)