鳩山由紀夫首相は25日午前、民主党の小沢一郎幹事長ら党幹部との24日夜の会食で、自身や小沢氏の「政治とカネ」の問題を念頭に、「今が正念場だ。国民の目も大変厳しいところがあるので、何とか理解してもらえるよう頑張ろう」と呼びかけたことを明らかにした。首相は会食の席で、「今が一番厳しいときだからこそ、しっかりと党と政府の間で意思の疎通を頻繁に図っていこう」と党側に要請したという。首相公邸前で記者団に答えた。

【関連記事】
民主・鉢呂氏側、3年分の献金日を虚偽記載 規制法抵触か
焦点は「小沢氏の進退」予算成立で参院選まで4カ月
民主・小沢幹事長「時間ない」 生方氏解任撤回も直訴無視
雨降って地固まらず ドタバタ民主、生方氏の解任撤回
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」

横尾忠則さん、泉鏡花文学賞受賞後第2作 小説集「ポルト・リガトの館」刊行(産経新聞)
水俣病訴訟が和解、救済策と二本柱で決着へ(読売新聞)
政権担当能力が欠如と自民総裁=郵政改革、公明代表も批判(時事通信)
「観察不十分」 さいたま市救急隊の死亡誤判断問題で外部委の検証結果発表(産経新聞)
歯科医院で爆発、4人重軽傷=ガス漏れが原因か-大阪(時事通信)