24日にオープンする平城遷都1300年祭のメーン会場・平城宮跡(奈良市)。その中心・第一次大極殿前の広場を散策できる貸し出し用の天平衣装が完成、このほど公開された。
 男性が「朝服」と呼ばれる文官の衣装、女性は女官の衣装で、ともに樹脂製。当時のものを忠実に再現しつつ、なるべく着やすいようにアレンジした。更衣室に着方が書いてあり、5分程度で着替えられる。料金は1時間300円。
 衣装は男女とも二種類で、日替わりで交代するため、どちらの衣装になるかは当日のお楽しみ。モデルを務めた運営スタッフの女性は、「ちょっと恥ずかしいけど、歩きやすいし、大勢で着て歩いたら気にならないかも」と笑顔を見せた。 

温暖化基本法案が審議入り=温室ガス20年までに25%削減-衆院(時事通信)
介護老人施設で虐待か=裸を撮影、ベッドに落とす-栃木(時事通信)
「キセル」2年半 車掌を懲戒解雇(産経新聞)
福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める(産経新聞)
<立川談志さん>高座に復帰(毎日新聞)