仙台市泉区の自宅玄関前で、私立高教諭、松本秀夫さん(56)の他殺体が見つかった事件で、現場近くに血痕が付着した金属バットが落ちていたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。宮城県警泉署捜査本部は、金属バットが凶器に使われた可能性があるとみて、付着していた血液のDNA型を調べ、松本さんの血液と一致するか鑑定している。

 捜査本部によると、松本さんは4月30日夜、自宅北側の駐車場付近で倒れているところを長男(23)に発見された。頭を複数回殴られており、死因は頭蓋(ずがい)内損傷だった。駐車場周辺には大量の血痕や、松本さんの体を引きずったような跡も残っていた。【須藤唯哉】

【関連ニュース】
仙台教諭殺害:血痕の足跡数百メートル 引きずった跡も
仙台教諭殺害:鈍器で執拗に殴る 以前の大けがと関連捜査
仙台・高校教諭殺害:退院日に襲われる 死因は頭蓋内損傷
殺人:高校教諭が殺される…顔に殴打の跡 仙台
仙台・教諭殺害:血痕付き足跡、数百メートル 引きずった跡も

日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
首相「すべてを県外は難しい」知事との会談で(読売新聞)
司馬さんの庭 新装(産経新聞)
<雑記帳>「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)
介護保険見直しに向け意見を募集―共産党国会議員団(医療介護CBニュース)