ストックオプション(自社株購入権)を行使して得た所得約1億5800万円を隠し、約5800万円を脱税したとして、東京地検特捜部は18日、所得税法違反罪で米医療品大手「ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)」日本法人の広瀬光雄元代表(72)を在宅起訴した。
 起訴状などによると、広瀬元代表は2005年と07年、米国の親会社から与えられたストックオプションの権利を行使して得た利益を、香港など複数の海外口座に移すなどの手口で隠したとされる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
ペットショップが5500万円脱税=法人税法違反容疑で告発
帰国の公認会計士を逮捕=GWG買収仲介脱税
秋山被告3月に判決=防衛コンサル脱税
ビル売却脱税で組長起訴=26億円所得隠し

消費税上げに反対=福島担当相(時事通信)
米子自動車道で正面衝突=3人死亡、4人けが-鳥取(時事通信)
【中医協】診療側委員が改革を目指す声明を発表(医療介護CBニュース)
全日空、点検不備で6便欠航(産経新聞)
デルタ機の黒人男性、死因は酸欠による窒息死?(読売新聞)