女子学生の体を触るなどセクハラ行為を繰り返したとして、東京大は15日、研究所に所属する30代の男性准教授を10日付で諭旨解雇処分にしたと発表した。准教授は事実関係をおおむね認めたという。
 東大広報グループによると、准教授の講義を受けていた女子大学院生が2007年秋、体を触られたと訴えて被害が発覚。講義を中止させて、調査を進めたところ、別の院生に対しても体を数回触ったり、下着の色を教えるよう求めるなどした電子メールを十数回送ったりしていたことが分かった。
 東大はほかに、08年5月に発表した論文に虚偽記載があった医科学研究所(東京都港区)の男性教授(54)を、12日付で停職1カ月にした。同教授は倫理審査委員会の承認や患者の正式な同意を得ていないのに、承認・同意を得たとして論文を発表していた。 

【関連ニュース】
セクハラ教授を免職に=3年間繰り返す
警部自殺は「パワハラ原因」=遺族、元上司ら提訴
機動隊員が自殺未遂=上司が暴行、パワハラも
女性警官の胸触りキスも=同僚の巡査部長停職
わいせつ教員176人=過半数は教え子被害-08年度

総務相が再び遅刻=野党側の反発で流会-参院総務委(時事通信)
「ファンに申し訳ない」=JAYWALK所属事務所会見-中村容疑者覚せい剤事件(時事通信)
波元会長に懲役18年=「円天」詐欺事件-無罪主張退ける・東京地裁(時事通信)
<参院予算委>社会保障で集中審議(毎日新聞)
「仕分け第2弾」公益法人選定へ…政府が調査開始(読売新聞)