兵庫県の加古川刑務所は19日、交通事故の隠ぺいを図ったなどとして、男性看守(21)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性は昨年に交通事故を相次いで起こし、2回目の事故で職場に発覚しないよう、同乗の兄に身代わりを頼んだという。男性は同日付で辞職した。
 同刑務所によると、男性は昨年9月10日と10月28日、加古川市で普通乗用車を運転中、右折しようとして対向車と衝突し、相手に軽傷を負わせた。9月の事故は職場に報告したが、10月は「度重なる事故の発覚が怖い」とし、同乗の兄が運転したかのように装ったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
正面衝突で3人死亡=小3男児も重体
多重死亡事故、25歳男逮捕=100キロ前後で無免許運転
料金所に衝突、2人死亡=川崎
当て逃げ事故で3人死傷=逃走の男、パトカー盗み逮捕

<井上靖>日中戦争での従軍日記を公開 18日から静岡で(毎日新聞)
「外国人学校と差設ける必要ない」 朝鮮学校無償化で兵庫知事が見解(産経新聞)
3行為の実証研究実施へ―救急救命士の処置範囲拡大で(医療介護CBニュース)
民主党の介護議連が31日に発足(医療介護CBニュース)
「新党、先にやるからおかしくなる」 舛添氏、邦夫氏との連携に否定的(産経新聞)