佐賀県伊万里市に「黒澤明記念館」の建設を計画している財団法人黒澤明文化振興財団(黒澤久雄理事長、同市)の寄付金使い込み問題で、同市の塚部芳和市長は23日記者会見し、「財団側の対応を見守る」と述べ、誘致を断念しない意向を示した。記念館をめぐっては、市議会などで「資金の流れが不透明で、建設の見込みはない」との批判が出ていたが、市は建設期限などを明確にした上で契約を結び直すという。
 市はこれまで、記念館建設の権利取得や用地造成などで計3億5000万円を負担。誘致断念を表明すれば権利金約1億円が返還されない可能性があり、市長の判断はこれを考慮した結果とみられる。 

<普天間移設>「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相(毎日新聞)
鳥取不審死の上田被告、2件目強盗殺人罪で起訴(読売新聞)
事業者にアイデア募集 公園跡地で橋下知事(産経新聞)
<合志市長選>荒木義行氏が初当選 現職を破る(毎日新聞)
亀井氏、「自主防衛力の強化を」(産経新聞)