さすがの菅首相もかての代名詞イラ菅を国会で演じていられなくなってうん、すっかり意気消沈というか、しどろもどろというか情けないことおび素股ただしいネま、文字通り必死に石にかじりいて我を張ってるんだろうけど、この人全く政治的受身を知らない朴念仁だいえてるよ。政権運営がなっていないところを集中攻撃されちゃって万事休す、そこで出てきたのが野党時代の対応を思い起こすと、いろいろな場面で反省が必要なところがあった。政局的に物事を考えがちだったなんて何のことはない、反省を装っていながら本音がちらりちらりと出ている歴史に対する反逆行為だ発言。加えて熟議の国会など口先ばかり発言を自民党の古川議員に突かれてそう、以前菅副総理私は、議会制民主主義とは期限を切ったあるレベルの独裁を認めることだ、と思っていると馬鹿正直だこんなへんてこりんな理論で政権を運営しようとしているなんて信じられない。自己矛盾もいいとこだよまりこの御仁は昔からその発言の数々に整合性などあるはずもなく今日まで改まっていないし改めるもりもないらしい土俵際まで追い詰められた菅首相はやむなくその場その場でいろんな発言をしているので、すべてに整合性があるとは言わないとこれは自らが自らを無責任発言者だと認めているに等しいそうだね。辞書にも矛盾とはじまの合わないこととあるし、反対語の整合とはきちんと合うこととある国会議員としてその場その場の発言に責任を持てない人物が首相になっているクレージーいよいよ精神分裂病統合失調症の気配濃厚ってか悪い冗談だ。やめてもらおういや、辞めさせなきゃづく