今年は2月に入り、東京・大手町での降雪が18日間で9回も観測された。

 平年の2月(月間で3・5日)に比べかなり多く、前橋で7回、横浜で4回と関東各地で平年を上回っている。

 気象庁によると、冬に多い「西高東低」の気圧配置の日が少なく、湿った空気が上空に入りやすくなっていることが背景にある。

 平年の冬は、大陸の上空に居座っているシベリア高気圧の勢力が強く、「日本海側で雪、太平洋側で乾燥」という典型的な天気が続く。

 しかし、今年はシベリア高気圧が弱まる日が多く、関東上空を「気圧の谷」(高気圧に挟まれた気圧の低い区域)が通過したり、南の低気圧から湿った空気が流れ込んだりして、雪が降りやすくなっている。

 通常であれば、3月に多い気圧配置で、気象庁気候情報課は、「春の兆候。ただし、春が早くきたとまでは言えない」と話している。

捕鯨船妨害は遺憾=前原国交相(時事通信)
【往復書簡】リクルート事件、2人のキーマン(産経新聞)
予防接種法改正に向け1次提言まとめる―予防接種部会(医療介護CBニュース)
<医療事故書籍>集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定(毎日新聞)
内閣人事局、4月に新設=公務員法改正案を決定-政府(時事通信)