河村たかし名古屋市長の支援団体「河村サポーターズ」の後房雄名古屋大大学院教授と藤岡喜美子・同市経営アドバイザーが19日、団体の世話人を辞任したことを明らかにした。「市長が信頼できなくなった」という。藤岡氏は経営アドバイザーも辞める。サポーターズは市長を全面支援する目的で設立されたが、柳川喜郎代表に続く中心メンバー2人の辞任で、市長は打撃を受けそうだ。

 辞任の背景には、放課後や土曜日に開くトワイライトスクール事業の問題がある。運営主体の選定を巡り、藤岡氏が市長に提出した「選定方法に問題がある」との文書を、市長がそのまま選考委員に渡したため、市議から「不当な圧力があった」と指摘されていた。

 議会が文書を作成した藤岡氏の追及を始めたのを受け、河村市長は13日、藤岡氏に会い「事業の選定期間中に守秘義務違反があったという風評がある。事実なら退任してもらう」と通告。藤岡氏は17日、参考人として議会に呼ばれ、19日には毎日新聞に「市長は真相究明に取り組んでいない」と市長批判を口にした。

 藤岡氏が活動の拠点にしているNPO法人の代表を務める後氏も19日、毎日新聞の取材に「独断で文書を渡した責任を回避する市長についていくことはできない」と市長との決別を明言した。後氏は河村市長の市長選マニフェストを執筆したブレーンの一人だった。【丸山進】

【関連ニュース】
河村市長:民主党県連に市議が直訴「反党的な行為がある」
五輪フィギュア:名古屋市長「3選手で聖地をパレード」
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
雑記帳:「名水対決」名古屋市長、富山に1票
ビジネス・経済 『名古屋から革命を起す! たちまち…』=河村たかし・著

<福岡市>「観光資源」「邪魔」…天神を彩る観光資源「屋台」どうする? 新組織で協議へ(毎日新聞)
<火災>事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉(毎日新聞)
神崎・元公明代表、任期中に辞職へ(読売新聞)
「何も決めてない」=「邦夫新党」対応で-自民・舛添氏(時事通信)
漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会(時事通信)