平野博文官房長官は24日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が官房機密費(内閣官房報償費)の使途を一定期間後に全面公開する意向を示したことに関し「そのことによって(政府の求める)情報が提供されなくなることが国益にとって本当にプラスなのか、ということも考えねばならない」と否定的な考えを示した。首相が「(4月から)すべての使い道を記録にとどめる」と明言したことについても「検証する」と述べるにとどめた。

 平野氏は「首相がどういう意味で(全面公開と)おっしゃっているのか真意を具体的に聞いていない」とも述べ、再考を促す考えも示した。【横田愛】

【関連ニュース】
普天間移設:官房長官と国民新の下地氏が会談
平野官房長官:内閣支持率続落を分析
平野官房長官:前年度使用分の機密費情報開示に前向き
高校無償化:朝鮮学校は法成立後に結論 平野官房長官
公明:民主と修正協議へ 子ども手当て法案など

政倫審へ小林議員 招致を自公が要請(産経新聞)
抑止力は米の「核の傘」ではなく「憲法9条」 福島氏が持論展開(産経新聞)
夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判(産経新聞)
JFW 平成23年度以降の方針固まる (産経新聞)
<東大>2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)