社民党の山内徳信参院議員は10日午前、米軍普天間飛行場に関する閣僚会議の首相官邸での開催に合わせ、官邸前で演説し、「命を懸けて(沖縄県名護市)辺野古の海にくい打ち桟橋の基地は造らせない」と訴えた。
 山内氏は沖縄県読谷村長などを務め、反基地運動の先頭に立ってきたが、与党議員が官邸前で抗議行動を行うのは極めて異例だ。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

3歳男児、マンション13階から転落死?(読売新聞)
広島被爆ピアノ NY公演ピンチ 輸送費募金 目標の4割(産経新聞)
市光工業の女性管理職第一号…派遣社員から昇格(レスポンス)
高卒限定の介護雇用事業―北海道釧路市(医療介護CBニュース)
谷氏「現役は続行し、ロンドン五輪で金メダル目指す」(産経新聞)