福井県若狭町沖で見つかったウミガメの一種「オサガメ」の剥製(はくせい)が完成し、同町世久見の同県海浜自然センターで展示されている。5月9日まで。

 オサガメは甲羅の長さ約110センチで、昨年6月、定置網にかかり死んでいた。同センターによると、主に外洋で生息しているため沿岸部で見つかるのは珍しく、剥製も国内には数例しかないという。

 絶滅が危惧(きぐ)されているが、若狭湾では昨年、計4件の発見が報告されており、同センター職員は「若狭湾に生息する生物の多様性を知ってほしい」と話している。

ピザ回し世界V2…埼玉の赤荻さん、大会新で(読売新聞)
【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)
<陸上>高校駅伝優勝のケニア留学生、退学処分で帰国へ(毎日新聞)
<沖縄返還文書訴訟>日米密約認め、国に開示命令 東京地裁(毎日新聞)
舛添氏、役職にそっぽ…自民中堅・若手登用人事(読売新聞)