社民党は25日の常任幹事会で、党内で異論が強かった原子力安全委員会委員に班目春樹東大大学院教授、日銀審議委員に森本宜久電気事業連合会副会長をそれぞれ起用する国会同意人事案に賛成することを決めた。
 福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は今月17日、原子力発電推進派の班目氏の人事案には反対するといったん平野博文官房長官に伝達。森本氏の起用案にも難色を示していた。しかし、その後、福島氏が「内閣が混乱する」として閣議で両案に署名したため、党としても「党首が署名した案に反対はできない」(幹部)と判断した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<社民>班目氏含め国会同意人事案に同意へ 常任幹事会決定(毎日新聞)
「冷たい木星」を発見=へび座惑星、欧州の望遠鏡で(時事通信)
関ケ原町長に賠償命令=町民のプライバシー侵害で-岐阜地裁支部(時事通信)
初のコウノトリ巣塔設置へ 兵庫・養父市(産経新聞)
警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書-鹿児島