22日午前11時半ごろ、埼玉県川越市の市立古谷小学校の教室内で、小学2年の児童13人が体調不良を訴え、病院に搬送された。県警川越署は、教室内に置かれたストーブで一酸化炭素中毒の症状が出たとみて調べている。重症者はいないという。【浅野翔太郎】

【関連ニュース】
湯沸かし器中毒死:東邦ガスとパロマ 遺族と和解が成立
出水のCO中毒:「予見は困難」と立件見送り--県警 /鹿児島
CO中毒:雪の車中で多発 今年3件、暖機運転注意を /新潟
金沢・アイスリンクCO中毒:換気徹底対策し、あすから再営業 /石川
美祢のCO中毒事故:再発防止へ報告書 警報機設置など提言--経産省検討委 /山口

「ひとつ飛ばし勤務」、看護師の半数が経験(医療介護CBニュース)
【野口裕之の安全保障読本】中国が「制空権」を確立する日(産経新聞)
日本製品への信頼に響く=岡田外相(時事通信)
桜島 「ドカ灰」垂水市に集中 農作物の被害深刻(毎日新聞)
<雪>関東甲信で降雪 都心でも積雪(毎日新聞)