時事通信社が5~8日に実施した世論調査結果によると、選択的夫婦別姓制度に賛成が35.5%に対し、反対は55.8%。永住外国人への地方参政権付与についても、反対(49.0%)が賛成(38.3%)を上回った。
 政党支持別でみると、選択的夫婦別姓に賛成が民主支持層で33.6%(反対が59.4%)、自民党支持層で24.3%(反対69.3%)。地方参政権付与では、民主支持層の賛成は41.4%で反対は51.6%。自民支持層の賛成26・2%、反対67.3%だった。 

【関連ニュース】
連立政権に火種次々=普天間、外国人参政権…
別姓法案提出「あきらめぬ」=千葉法相
中小企業対策、万全期す=鳩山首相
夫婦別姓導入に全力=法相ら
参政権法案、今国会は困難=「提出するなら連立解消を」

【from Editor】世紀を超えるエネルギー(産経新聞)
<動物窃盗>ペンギン盗んだ男 カピバラ、リスザルも 長崎(毎日新聞)
福島震度5弱 政府が情報連絡室(産経新聞)
<枝野行政刷新担当相>独法保有の国債「全額返させる」(毎日新聞)
東京大空襲 朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版(毎日新聞)