大阪府の橋下徹知事を代表とする地域政党「大阪維新の会」は19日、府選挙管理委員会に政治団体設立を届け出、同日夜、大阪市内で設立総会を開いた。府と大阪市などを再編する「大阪都」構想や議員定数の削減を基本政策に掲げ、来春の統一地方選挙で独自候補を擁立し、府議会などでの過半数の議席獲得が目標。総会で橋下氏は「政治しか日本を変えることはできない。『東京都とともに、大阪都で日本を引っ張る』というゴールを共有し、本当の意味での政治を進めよう」とあいさつした。

 大阪維新の会は地方議員で構成する事実上の「橋下新党」。橋下氏はこれまで「あくまで大阪を変えるという一点でやっていきたい」とし、地域政党として活動するため、夏の参院選に候補者を擁立する考えはないという。山田宏東京都杉並区長らが結成した「日本創新党」などの新党とは一線を画す方針だ。

 これまで大阪維新の会に参加した議員は府議24人、大阪市議1人、堺市議5人の計30人。大半は自民党籍を持った議員だが、民主党からの離党組も含む。さらに数人が加入の意向を示している。

 大阪都構想は、広域行政機能を強化するため、府と大阪、堺両市のほか、周辺の9市を再編し、人口30万人規模の特別区を置く。

喫煙やめたい人集まれ!神奈川県が「卒煙塾」開設(産経新聞)
ボンバル機が不具合で引き返し(産経新聞)
地下鉄床下から煙、乗客100人避難 大阪市営千日前線(産経新聞)
5月決着向け協力要請=鳩山首相、米大統領に-党首討論(時事通信)
亀井氏「外国人参政権付与は日本滅ぼす」(読売新聞)