京都国立博物館(京都市東山区)で開催中の「没後400年 特別展覧会『長谷川等伯』」(毎日新聞社など主催)の来場者数が25日、10万人を突破した。

 10万人目は愛知県一宮市の自営業、入山博之さん(69)で、妻陽子さん(62)と訪れた。佐々木丞平館長から図録と国宝「松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)」が描かれたオリジナルバッグを受け取り、「松林図を見たくて来た。びっくりしたけど光栄です」と笑顔だった。

 同展は5月9日まで(26日は休館)。入館時間は午前9時~午後5時半(29日以降は午後6時半、金曜は同7時半まで)。観覧料は一般1400円、大高生900円、中小生500円。【小川信】

【関連ニュース】
長谷川等伯展:京都でも10日開幕
長谷川等伯展:29万人訪れる 4月10日から京都で
長谷川等伯展:等伯の人間模様紹介 同志社大・狩野教授、特別展に合わせ講座 /京都
長谷川等伯:襖絵、デジタル複製 /京都
非公開文化財特別公開:等伯筆襖絵「商山四皓図」など 24日から /京都

ホテルに3人組、400万円奪う=従業員縛り逃走-埼玉(時事通信)
両さん像壊された…亀有のシンボル設置からわずか1か月(スポーツ報知)
走行中の車を座いすが直撃、投げ落としか(読売新聞)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
高速新料金「決めるのは国交省」=小沢氏に反論-前原氏(時事通信)