新党改革に参加せず、改革クラブを離党した大江康弘参院議員(56)=比例代表=が、幸福実現党に入党することが11日、分かった。大江氏は14日に記者会見を開き、発表する予定。幸福実現党として初の現職国会議員となる。

 大江氏は11日、所属する参院会派「自民党・改革クラブ」を離脱した。関係者によると、大江氏は幸福実現党と政治信条が近いことなどを入党の理由に挙げているという。

 大江氏は和歌山県議を経て平成13年の参院選に自由党で初当選。その後、民主党に合流したが、小沢一郎代表(当時)の政治手法に反発、20年8月の改革クラブ結成に参画した。舛添要一前厚生労働相が代表を務める新党改革には「政党助成金目当てのまやかしだ」と批判、参加しなかった。

【関連記事】
舛添氏、力強く宣言「参院選に勝利し必ず政界再編を行う」
荒井幹事長「小異を捨てて大同につく」 新党会見で決意
舛添代表「消費税10%以上がトレンドだ」
幸福実現党、参院選候補者を半分以下に
わずか4日で党首交代 幸福実現党
少子化を止めろ!

初の女性「鬼師」目指す!夢は「少しかわいく」(読売新聞)
物置に女性遺体、遺棄容疑で前夫を逮捕(読売新聞)
331円安で終了=東京市場(時事通信)
「特上カバチ!!」表現めぐり温度差 弁護士会VS行政書士会 (産経新聞)
20代女性3割が喫煙、全国平均の倍 新潟(産経新聞)