オホーツク地方の春の風物詩、小清水原生花園(北海道小清水町、220ヘクタール)の「火入れ」が20日早朝、行われた。昨年は降雨で中止となっており、2年分の枯れ草を除去した。

 6月以降、ハマナスやエゾキスゲなど約40種の花が咲き乱れる原生花園だが、枯れた牧草類が生育を衰退させており、93年から「火入れ」を始めた。

 今回はJR原生花園駅から東へ約1.5キロ区間の21ヘクタールが対象。同町や網走南部森林管理署の職員ら約120人が参加。バーナーで着火し、煙がオホーツク海側に舞い上がり、安全に焼けるのを確認した。作業を見守った武田準一郎・道オホーツク総合振興局長は「景観を回復したい」と観光シーズンを前に期待を込めていた。【渡部宏人】

猿人に近い種が祖先か=インドネシアの小柄な古人類-豪大教授が新説・国立科博(時事通信)
<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
<普天間移設>徳之島で反対集会 1万5000人が参加(毎日新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)