現役を引退したJR大糸線の気動車「キハ52」の臨時運行が20日、糸魚川―南小谷間で始まった。

 今月12日の最終定期運行に続き、大勢の鉄道ファンが訪れている。臨時列車は全席指定の3両編成で、車両前後に「キハ52ありがとう号」のヘッドマークを着け、22日まで1日1往復する。新潟県糸魚川市の要望を受けての運行で、既にチケットは完売という人気ぶりだ。

 JR西日本は、ゴールデンウイークの5月3~5日、「海の日」の連休の7月18、19日、日本ジオパーク糸魚川大会に合わせた8月21、22日の計7日間も、糸魚川―平岩、南小谷間を臨時運行(2両編成)する予定。全席指定で乗車日の1か月前から販売する。

<掘り出しニュース>建築廃材使いサッカーボール(毎日新聞)
平均風速、全国26地点で観測史上最大(読売新聞)
<窃盗未遂>氏名「忘れた」被告に判決 佐賀地裁(毎日新聞)
中年期の大幅な体重の減少・増加、死亡リスク上昇に関連(医療介護CBニュース)
日韓歴史研究・第2期報告書「まず攻撃ありき」 残る韓国側への批判と疑問(産経新聞)