大阪府の橋下徹知事が代表に就任し19日の設立を目指す地域政党「大阪維新の会」に、大阪市議が「府市再編の具体像が見えない」として発足時からの参加に慎重姿勢を示したことについて、橋下知事は6日、「変わるチャンスがあるなら動かないといけない。具体像が見えないというのは想像力の欠如で政治家失格」と批判した。

 橋下知事は5日夜、大阪市内で市議9人と会談。府市再編構想などについて説明し地域政党への参加を促したが、再編の手法やスケジュールなどを巡って市議側との隔たりが目立つ形となった。

 橋下知事は「政治や行政は具体像が見えないことを動かない理由にするが、先を見て動くのが政治家」と述べ、「大阪市を区に分けて公選で区長、区議を選ぶ。府市再編の入り口はそれでいい。入り口の段階で具体像が見えないという議員とは付き合わない」と話した。

【関連記事】
政策集団か選挙目当てか… 大阪維新の会
「大阪維新の会」結成 橋下知事派の大阪府議ら
府議会自民会派の現職執行部ら8人が橋下知事の「大阪維新の会」合流へ
橋下知事の大阪都構想“地獄の道” 市議会自民が勉強会
「突進していく集団に」“橋下新党”準備会
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

【1都4県週刊知事】静岡 川勝平太知事 FDAの心意気、感謝(産経新聞)
コーヒーの「シダモ」商標登録無効を取り消し(読売新聞)
大阪モノレールでポイント故障(産経新聞)
園田氏、新党結成へ決意(時事通信)
北九州の鉄工会社社長、資材置き場で殺される(読売新聞)