国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)の第6展示室「現代」の沖縄戦「集団自決」に関する記述で、沖縄県の一部市民団体などから抗議が寄せられている問題で、同館は18日、展示内容を再検討する委員会を開催し、継続審議とした。委員らは「集団自決には何らかの軍の関与があった」との認識で一致しているといい、今後、展示内容を変更する方針だ。次回委員会は5月中旬以降開催される予定。

【関連記事】
沖縄戦の展示内容を再検討 抗議殺到で歴博 千葉
小学教科書検定 検定透明化へ審議概要を公開
沖縄戦集団自決 「検定に政治介入なかった。検定意見は堅持」と川端文科相
大手学習塾教材に自虐史観 南京犠牲「十数万人」記述も
沖縄集団自決「軍の命令ではない」 地元誌特集

「解散は国家戦略ではない」直嶋経産相(産経新聞)
民主鹿児島県連、徳之島移設案の白紙撤回要請へ 普天間移設問題(産経新聞)
<被爆マリア像>欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
都バスに乗用車追突、7人重軽傷(産経新聞)
「平日デート」は難しい? =国会答弁「政」に改善要請-財務省(時事通信)