民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)は20日午後、陣営幹部が起訴された北海道教職員組合の違法献金事件に関し、進退を問われていることについて「判決を見極めた上で判断したい」と述べた。党内では、有罪判決の場合には、議員辞職する意向を示唆したとの見方も出ている。
 小林氏は国会内で記者団の質問に答え、「司法の判断はまだ下されていないので、今は申し上げる時ではない」とする一方、「司法判断を尊重したい。(事件に関し)社会的、道義的責任を強く実感している」とも語った。 

口蹄疫被害で首相、1000億円投入を指示(読売新聞)
「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)
トヨタ、レクサス4509台リコール届け出(読売新聞)
展望台から落下、7人負傷=木製で腐食、ホテルの庭で―山梨(時事通信)
感染症サーベイに「課題」―感染研・岡部センター長(医療介護CBニュース)