民主党からの夏の参院選比例代表への出馬を見送った元総合格闘家の前田日明(あきら)氏(51)は25日、都内で国民新党の亀井静香代表と会談し、同党公認で参院選東京選挙区(改選5)への立候補を検討する意向を伝えた。亀井氏は「志が一致するなら迎える。東京は候補者が乱立する見通しなので、勝てる可能性はある。あなたの判断次第だ」と応じたという。

 関係者によると、前田氏は永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に反対し、国民新党が掲げる政策に同調しているとされる。国民新党内では「前田氏が民主党を蹴(け)るかたちで入党してくれたら、国民新党の株が上がる」(幹部)と歓迎する声が出ている。

【関連記事】
民主、前田日明氏の出馬取りやめに
国民新、プロレスラー西村氏を擁立 
亀井氏、小沢氏の進退に言及 「参院選に影響」
みんなの党、参院選で北口・明石市長に出馬打診
藤川市議擁立に前向き 参院選で自民・大島氏

「特定、解明に至らず」=長官銃撃で警視庁幹部(時事通信)
児童虐待 過去最多 21年、子供が申告も(産経新聞)
<自民幹事長>郵政改革法案は時代に逆行 参院選の争点だ(毎日新聞)
初のコウノトリ巣塔設置へ 兵庫・養父市(産経新聞)
<足利事件>菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁(毎日新聞)