階猛総務政務官は28日の衆院内閣委員会で、2011年度の一般職国家公務員の新規採用数を09年度比でおおむね半減させる方針に関し「閣議決定は5月中ごろ」と述べ、政府内での取りまとめを急ぐ考えを示した。ただ、影響が大きい各府省からは急激な抑制方針に反発する声も出ており、調整がずれ込む可能性もありそうだ。
 09年度の新規採用数は9112人。鳩山由紀夫首相は27日の閣僚懇談会で、採用半減を目指して調整するよう指示した。 

【関連ニュース】
法人税率の引き下げ提言=民主研究会がマニフェスト原案
公務員の採用抑制で配慮を=閣議で要請
国家公務員の新規採用半減へ=11年度、人件費抑制
「天下り天国」と仕分け人=UR、説明者も「不透明」認める
「情報公開を」迫る蓮舫議員=JICAの改善「不十分」

YOSHIKA 名曲『let go』含むライブベストリリース決定!
水産・航空大学校は縮減 事業仕分け2日目(産経新聞)
連休分散化 実証実験に壁 保護者「仕事休めない」 企業「急な対応は無理」(産経新聞)
国家公務員の新規採用半減へ、退職者見込めず(読売新聞)
県民の気持ちの表れと理解=官房長官(時事通信)