横浜市の教職員らで組織する「横浜市教職員組合」(浜教組)が市教委の採択した教科書を使わない「授業マニュアル」の冊子を教職員に配布し、市教委から文書で警告された問題で、川端達夫文部科学相は18日の定例会見で、「市教委が教組に対して適切な文書を出したと聞いている」と述べ、市教委の対応を支持した。

 また、浜教組が「マニュアル」冊子配布の際、市教委の公務用配送システム「学校ポスト」を勝手に利用したことについても、川端文科相は「目的外に使用したということは法令というかどうかは別として約束違反であることは間違いない」と批判した。

 浜教組は、市教委が昨年8月に採択した自由社発行の「新編 新しい歴史教科書」を批判し、他の教科書や資料だけで授業を展開する例を示す「授業マニュアル」を作成し、教職員1万人以上に配布していた。

 これに対して、市教委は、教育委員会が採択した検定教科書使用を義務づけた学校教育法や市規則などに抵触する可能性があるとして警告。文科省も事実確認のため、調査に乗り出していた。

【関連記事】
横浜教組教科書不使用指示「教育制度の根幹にかかわる」
「ゆとり見直し」教科書検定 資料公開でプロセス明らかに
教科書検定プロセスが明らかに 研究センターで資料公開始まる
竹島教育の専門委を設置 韓国教育科学技術省
【エディターズEye】もういちど読まない山川日本史
中国が優等生路線に?

一般車両の消毒拡大=熊本県(時事通信)
<口蹄疫>感染疑いの種牛は大エースの「忠富士」 殺処分に(毎日新聞)
板橋の資産家夫婦殺害1年 絞り込めぬ犯人像(産経新聞)
乳児虐待、両親を逮捕=傷害容疑、頭骨骨折など―大阪府警(時事通信)
米次官補来日中止、関知せずと鳩山首相=平野官房長官、普天間への影響否定