2日の衆院代表質問で鳩山由紀夫首相が、昨年1月の衆院本会議での麻生太郎前首相とほぼ同じ答弁をする場面があった。

 共産党の志位和夫委員長が「大企業の巨額の内部留保を中小企業に還元させる政策が必要だ」とただしたところ、首相は「内部留保の活用は企業がそれぞれの状況に応じて経営判断を下すものだ。その上で労働者の雇用と生活をしっかり守るように最大限努力することは重要だ」と述べた。

 麻生前首相は当時、これとほぼ同じ言い回しをしており、首相は官僚が用意した答弁を棒読みした可能性が濃厚。「政治主導」の看板に偽りあり?

【関連記事】
言い得て妙と話題! 鳩山首相は「ハト」?それとも…
社民・国民新、岡田外相の「普天間継続も」発言に反発
鳩山首相、衆院代表質問「健全な党内民主主義貫く」
張り切る菅氏 G7デビュー戦は波乱含み
鳩山首相、貴乃花親方の理事当選に「新しい風」

「凛の会」発起人 「自分の罪認める」 郵便不正公判(産経新聞)
南京虐殺、犠牲者数で隔たり=戦後史は除外-日中歴史研究報告書(時事通信)
<偽1万円札>東北4県で相次ぎ見つかる(毎日新聞)
殺人は時効廃止、法制審部会が要綱骨子案(読売新聞)
野口聡一さん 鬼は外?…宇宙ステーションで「豆まき」(毎日新聞)