亀井郵政改革相は22日の衆院予算委員会で、官僚や旧日本郵政公社のOBが天下った「郵政ファミリー企業」が多数存続していることについて「あらゆる問題を聖域なくすべて見直していく」と述べ、整理・統合を進める意向を明らかにした。

 柿沢未途衆院議員(みんなの党)の質問に答えた。

 ファミリー企業は天下りのほか、郵便局の物品購入で取引が集中していることなどが問題視され、郵政民営化に伴って見直しが行われた。しかし、219法人あったファミリー企業は現在も157法人が存続し、63法人に654人のOBが役職員として所属している。

消費税論議に慎重=景気への影響懸念-平野官房長官(時事通信)
警察官引きずりオートバイ逃走=軽傷、標識を無視-東京(時事通信)
関大8億円投資実った!大輔賞作る!…在学生78年ぶりメダル(スポーツ報知)
【風】期待はずれ?高速無料化(産経新聞)
<学校事故>埼玉で児童13人搬送 一酸化炭素中毒の症状(毎日新聞)