菅直人副総理・財務相は26日の閣議後会見で、年金制度の抜本改革に向けた検討会を来週にも設置する考えを明らかにした。

 菅副総理は「民主党は抜本改革案を提示してきた実績があり、それを改めて精査する。少子高齢化という厳しい状況を踏まえ、かなり根源的な議論が必要だ」と強調した。検討会は鳩山由紀夫首相をトップに関係閣僚で構成し、マニフェスト(政権公約)で掲げた年金制度の一元化や月額7万円の最低保障年金創設などを検討する方針だ。

【関連記事】
年金改革 長妻厚労相、関係閣僚会議の設置検討 
“ミスター年金”長妻厚労相インタビュー
年金改革 57人が「実現してほしい」
【主張】年金改革公約 超党派協議で政策合意を
民主党方針「2013年に年金改革法案」

<1票の格差>2.30倍は違憲状態 東京高裁判決(毎日新聞)
ビックカメラ有楽町店で侍超え500人も「真央銀」にため息(スポーツ報知)
新型フル検出する研究用試薬を発売―アルフレッサファーマ(医療介護CBニュース)
米子の2人強殺公判、遺族が厳しい処罰感情(読売新聞)
日精協の鮫島会長、3期目満了で退任へ(医療介護CBニュース)