新党「たちあがれ日本」は13日、夏の参院選比例代表で使用する党の略称を「日本」とすることを決めた。昨年の衆院選では新党日本(田中康夫代表)が「日本」の略称を使っていた。両党が参院選の比例代表で候補者を立てて同じ略称を使うと、「日本」票は両党に案分されるが、「たちあがれ」としては「日本」が新党日本に全部流れるのを防ぐねらいがあるとみられる。

 また、平沼赳夫代表は13日、テレビ朝日の番組で、参院選に田母神俊雄元航空幕僚長(61)を党公認で擁立する可能性について「彼は出ないと思う」とこたえた。複数の党関係者によると、田母神氏に出馬を打診したものの同氏が辞退を申し出たという。

【関連記事】
小沢氏、与謝野氏に「また碁でもやろう」
「たちあがれ日本」幹事長に園田氏
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
平沼・与謝野新党 日本没落の危機感共有を
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理
外国人地方参政権問題に一石

<日本医師会>会長選を直接選挙に…原中会長(毎日新聞)
普天間海外移設「可能と確信」…社民・照屋氏(読売新聞)
<火災>灯油まきライターで火 62歳女性死亡 大阪(毎日新聞)
介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機(医療介護CBニュース)
渋谷の新しい顔は「ヒカリエ」(産経新聞)