◇大輪が見ごろ

【写真特集】きれいな草花たくさん 毎日植物園

 須賀川市の国指定名勝「須賀川牡丹園」で、ボタンが見ごろを迎えた。紫の「花大臣」、赤い「太陽」など中咲き品種が満開となり、華やかな大輪が来園者を楽しませている。

 同園のボタンは、江戸時代に根を薬用にするために栽培を始めたもので、明治初期に観賞用庭園として整備された。約10ヘクタールの敷地には、樹齢200年を超える古木を含め291種、約7000株が植栽されている。

 春の寒波の影響で早咲きの開花が例年より7~10日遅れたため、早咲き、中咲き、遅咲きが競演している。橋本公助管理次長(54)は「一斉に咲いているのを見られるのは珍しい」と話している。今月末まで観賞できる見込みだ。

 また、同園は60年間にわたる交配で生み出した新品種を初公開。薄紫色の八重咲きで、底色に淡い紫斑が特徴。25日まで名称を公募している。問い合わせは同園保勝会(0248・73・3490)。【坂本智尚】

【関連ニュース】
【写真特集】富士山のさまざまな表情を写真で
【写真特集】ハッブル望遠鏡でとらえた宇宙の神秘
【写真特集】都心にチューリップ オフィス街で8万本
【写真特集】美しいバラが勢ぞろい 第12回国際バラとガーデニングショウ

ギャルみこしオーディション、竹の棒担ぎアピール(読売新聞)
<労働問題>17日ネット番組開始 市民グループが情報発信(毎日新聞)
あかつき打ち上げ 「パーフェクト」 拍手と歓声で見送り(産経新聞)
パワハラでうつ病発症、自殺=市課長の公務災害認定―名古屋高裁(時事通信)
首相動静(5月17日)(時事通信)