日米間の「密約」重要文書の一部が破棄されたと指摘された問題で、衆院外務委員会は24日の理事会で、東郷和彦元外務省条約局長から文書を引き継いだとされる谷内正太郎前事務次官の参考人質疑を行うかどうかを協議した。鈴木宗男委員長が招致に積極的な姿勢を示したが、自民党が「まずは外務省の調査が大事だ」と難色を示し、平行線に終わった。4月上旬に外務省有識者委員会の坂元一哉大阪大大学院教授、春名幹男名古屋大大学院教授ら4人から意見を聞くことでは合意した。【野口武則】

【関連ニュース】
日米密約:文書「破棄」を第三者委で調査へ
非核三原則:鳩山首相に長崎市長らが法制化を要請
日米密約:リスト定かな記憶ない…藤崎駐米大使
日米密約:「破棄」文書、外務省が調査へ
村田元外務次官死去:日米密約調査を後押し

「日米同盟揺るぎなく継続」首相が防衛大卒業式で(読売新聞)
足利事件再審 判決要旨(2)(産経新聞)
雑記帳 この枝垂れ桜は…DNA鑑定(毎日新聞)
センバツ 開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
幹部公務員83人が勧奨退職=政権発足半年で-政府答弁書(時事通信)